未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
更新のお知らせやコメントへの返信、たまに管理人の雑談が交じります。
最新記事
2019/06/26
文章における魔術魔法描写について 
2019/06/07
既刊宣伝へっぽこ四コマ 
2019/05/27
プライベッター記事一覧 
2019/05/18
ご感想をいただきました&主人公にしていただきました 
2019/05/17
現代パロディで「九十九キャラの買い物かごの中身」 

文章における魔術魔法描写について

戦闘描写も興味深いけど、個人的には、魔術に類する「目に見えないちからが引き起こした現象」の描写が気になる&好きなので、 #文字書きさんの魔術魔法描写見せてください というタグを作ってみよう。
posted at 2019/5/31 09:05:28
「目に見えないちからが引き起こした現象」をどう書き表しているのか、ってことなので、「コレ魔法じゃなくて超能力だし」という方も是非!
posted at 2019/6/1 09:19:28

 このようなツイートを放流した結果、思った以上に沢山の方がこのタグを使ってツイートしてくださいました。
 どのツイートもとても興味深かったので、いつでも読み返せるようにトゥギャッターにまとめたものがこちらになります。

「文字書きさんの魔術魔法描写見せてください」まとめ
(なんと「トゥギャッター編集部が選んだイチオシまとめ」に選んでいただきました!)
 
 このタグに絡んで、識島さんが「一つの魔法に対して呪文やペンタクルがひとつきりというシステムでは、魔術という学問に発展の余地がない」と呟いておられ、その簡明かつ的確な発言に感動すら覚えました。
 というのも、以前に私、
私、魔術にも理屈があったらいいな派なのでね。どんなに荒唐無稽で実現性がなくて感覚的でも、なんとなくでもいいから筋道だけは通っていてほしい。魔術で引き起こされる現象の、その世界での再現性は担保されていてほしい。
posted at 2019/2/19 08:44:53
 と呟いたことがあったんですが、これは「学問としての魔術」を念頭に置いてのツイートだったんです。(同じようなことを考えている人がいた!と大喜びする前に、もっと思考を整理して分かりやすく呟こうな、私……)
 
 ともあれ、この「理屈ある魔術」という私の呟きを見かけた方から、
「理屈がない魔術は超能力や異能」
 との意見をいただき、ちょっと考えたことを以下にまとめておきます。
 
 超能力や異能にしても、根本に原理原則はあったほうが、私は好きです。例えば、口笛が鳴る理屈を意識しなくとも実際に口笛を吹くことができるように、「ちから」をふるっている当人は気合で何となくこなしていることでも、実はその奥には決まった理屈や法則が存在している、という筋立てのほうがワクワクします。現実性はなくても(リアルではなくとも)、迫真性(リアリティ)は構築できる。もしかしたらこういう世界がどこかに存在するかもしれない、なんて空想も捗るじゃないですか。

 ただ、超能力が主に個人の特性による「ちから」として描かれることが多いのに対して、魔術の醍醐味は「術」であることだと思っています。技術であるからこそ、(適性や制約はあれど)他者に教授することができるし、研究開発することだってできるのです。私が描きたいと思っている「学問としての魔術」ですね。

 なんとなくの印象なのですが、超能力と魔術は体育会系と文化系みたいだな、なんて思います。わざを磨くにあたって、超能力の場合は「修行」というイメージですが、魔術は「研究」が主だった柱のような気がします。
 また、超能力は「自分の中にあるもの」という印象が強いです。魔術も超能力と同様、自分の内側に意識を向けるものではあるけれど、研究対象とする場合のそれは「自分の外にあるもの」でもある、と。このあたり、こう、イマイチ上手く言葉にできないんですが……「魔術はそこに人がいなくとも魔術足りえる」というか……ヒトというスケールを超えたところにあるというか……(ろくろを回すポーズ

 思索のきっかけとなったリプライで、発言主さんは、超能力化してしまった、いわゆるゲーム的な簡便化された魔術を寂しく思っておられたのですが、こういう「ワンタッチ魔術」って、研究成果だけをツールとして使用してしまっている、と考えられるかもしれません。湯沸かし器のスイッチを押せばお湯が出てくる、のと同じで、ワンタッチ部分の奥に理屈があっても、一般の人々の目には触れなくなってしまっている、とか。高度に発達した魔術社会ならありえそうです。

 魔術や魔法が物語やゲームの小道具でしかないのならば、ワンタッチ魔術でも全然構わないと思います。ですが、私は魔術というもの自体を描きたいと考えているため、便利なツールの奥にあるであろうものに目を向けてしまう、向けずにはいられない、のでしょう。
 
 魔術については、「魔術の詠唱についてとか諸々」って記事もありますので、興味のある方はどうぞ。
 

既刊宣伝へっぽこ四コマ

 先月にツイッタのプロフィール固定ツイートを新しくしたので、記録としてこちらにも転記しておきます。

機械系エンジニア女子の水中ロボット開発記『リケジョの法則』マイナビ出版ファン文庫
book.mynavi.jp/ec/products/de…
地図屋の少女と、少女の師を追う剣士と魔術師との冒険譚『Dawn of the Mapmaker』CrossInfiniteWorld
www.crossinfworld.com/dawn-of-the-ma…
日本語原作(無料 ncode.syosetu.com/n2761cz/
詳細はスレッドに




posted at 2019/5/12 12:10:22

『リケジョの法則』
神戸の造船所を舞台に、機械系エンジニア女子が水中ロボット開発に勤しむ物語。ものづくりのアレコレ、理系あるある、すれ違いの恋、ボケツッコミ、謎解き、と盛り沢山でお送りします。
ISBN:978-4839967079
www.amazon.co.jp/dp/4839967075/…
ご感想まとめ↓

posted at 2019/5/12 12:12:53

『Dawn of the Mapmaker(九十九の黎明)』
それは失われた知識を巡る物語。そして"家族"を、それぞれの居場所を探す旅。少女と二人の青年が探索の果てに手にしたものとは。謎解き、どんでん返し、疑似家族やバディものが好きな方へ。
www.amazon.co.jp/dp/B07DF7VQ8Z/…
イラストまとめ↓

posted at 2019/5/12 12:14:27

 こんな点目と線目のへっぽこ四コマまんがでも、多少は人目を引くことができるようなので。
 興味を持たれた方、ぜひどうぞ!
 

プライベッター記事一覧

 ネタバレ対策などで何度かプライベッターを利用しているのですが、これ、ツイッタにログインしていない人や、指定した公開条件に当てはまらない人、パスワード入力前の人が投稿一覧ページにアクセスしても、記事のタイトルや説明文が表示されないんですね……。
 大っぴらに公開するには小っ恥ずかしいとか、自作小説のネタバレが含まれるとか、そんな理由で公開範囲を制限しているだけで、記事の存在そのものを隠したい、というわけではないので、ここに記事一覧とその説明をまとめておきますね。

 随時更新。新しいものから順に並んでいます。


GBの投稿一覧 - Privatter

「九十九の黎明」製本版第三版をお持ちの方へ
  パスワード限定公開(ツイッタログイン不要) 2018-10-08 11:14:26
  製本版第三版(初版と第二版は非売品です)と第四版の差分について。ネタバレが含まれるため、本編を読み終えた方限定のパスワード公開とします。

「九十九の黎明」番外編「紲《きずな》」に寄せて
  パスワード限定公開(ツイッタログイン不要) 2017-12-29 22:03:50
  2ツイートに収まるボリュームの、ささやかなこぼれ話です。ネタバレが含まれるため、本編を読み終えた方限定のパスワード公開とします。

「九十九の黎明」ネタファイル
  パスワード限定公開(ツイッタログイン不要) 2016-12-23 11:29:13
  執筆の際に参照していたネタファイルの中身をまるっと公開。設定資料とボツシーンです。 ネタバレしかないため、小説を読み終えた方限定のパスワード公開とします。

「九十九の黎明」第一章冒頭ボツ文
  全体公開(ツイッタログイン不要) 2016-03-25 07:53:41
  公開後四ヶ月経ってやっと「これじゃだめだ」と気がついた冒頭の、修正前の文章です。いたたまれなくなったら消すかも。

「九十九の黎明」第三章パート4と5の間
  フォロワー限定公開 2016-02-06 21:05:25
  魔術師が相棒に盛大に八つ当たりしているだけという誰得なSS。作者から見ても、非常にウザいです。第三章パート4までのネタバレあり。(前述の 「九十九の黎明」ネタファイル にも含まれています)

静夜
  フォロワー限定公開 2015-10-05 21:33:17
  発掘ぽえむ6。浪人の年の9/13に書いた詩。とても痛い。

ルドス
  フォロワー限定公開 2015-10-05 21:31:19
  発掘ぽえむ5。浪人の年の6/28に書いた詩。三つ子の魂百まで。

摩天楼
  フォロワー限定公開 2015-10-05 21:20:59
  発掘ぽえむ4。高3の2/28に書いた詩。受験大丈夫か(大丈夫じゃありませんでしたね

目的
  フォロワー限定公開 2015-10-05 21:18:37
  発掘ぽえむ3。高3の9/16に書いた詩。辻井喬さんの詩集『異邦人』が好きだった。

組曲「道標のための習作」
  フォロワー限定公開 2015-10-03 21:57:19
  発掘ぽえむ2。高2の12/20に書いた詩。確か長編ファンタジーのネタをこねてた。

平穏
  フォロワー限定公開 2015-09-30 20:35:45 2
  発掘ぽえむ。高2の7/20に書いた詩。「思春期あるある」過ぎてつらい。
 

ご感想をいただきました&主人公にしていただきました

 表題のうち、まずは「ご感想」についてです。
 YA(ヤングアダルト)と児童書を中心に「10代の心(実年齢問わず)を刺激する本」を取り扱っておられる古本屋の「大吉堂」さんが、「九十九の黎明」のご感想をブログに書いてくださいました!

『九十九の黎明』(那識あきら)@大吉堂 読書録

 もうね、「僕好み」というお言葉が、嬉しくてたまりません!! 作者冥利に尽きまくりです。
 ネタバレを華麗に回避した上で、物語の本質を的確に綴っておられて、感無量、の一言です。
 ツイッタでも呟いたとおり、

>読者はウネンが体験し明かされていく情報(知識)によって世界を知っていくのです。あたかも真っ白な紙に徐々に地図が描かれるかのように。

 この一文がね! たまりませんね! 記事の結びの一文もね、ホント胸いっぱいでね、九十九既読の方なら分かっていただけるんじゃないかな!!
 未読の方も、是非ともこの素晴らしいご感想を読んでいただいて、そしてそのまま小説本文になだれ込みましょうか!(これ以上は無いダイマ)
 大吉堂さん、ありがとうございました!


 そして、もう一つの、「主人公」とは。
 ツイッタにて、狼子さん「#ふぁぼくれた方を主人公にして140字小説を書く」というタグを実行しておられて、私にも素敵な物語を紡いでくださいました。

朝焼けの烏

 烏ですよ、烏!
 もう憶えている方はいらっしゃらないと思いますが、今から十年以上前、いっときこのブログのプロフィール画像は烏でした。今でもサイトの自己紹介欄に同じ画像を使っています。それ以外にも、バナーやフッタ、ファビコンなど、サイトやブログのあちこちに烏がいます。そんな烏で私を描いていただけて、喜ばないことがあるでしょうか(反語)
 夜明けの路地裏。世界に音が戻り、光の中へと飛び立つ影のごとき翼。元々のツイノベには無かった「匂い」という要素も加わり、よりドラマティックに五感が揺り動かされます。陰影から生まれ、音、匂い、色彩と、世界がどんどん広がっていくんですよね。書き出しの「ぬばたま」という言葉の響きから大好き。
 同姓同名の別人かってほどに過分なコメントまで添えてくださって、何度読んでも、嬉しさと照れ恥ずかしさで頭の中が大変なことになっています。
 狼子さん、素敵な物語をありがとうございました!
 

現代パロディで「九十九キャラの買い物かごの中身」

 ツイッタにて複数のフォロワさんが答えておられたこのお題、拙作にもリクエストいただいたので、やってみました。

現代パロディで「買い物かごの中身はどんなのか」というお題、九十九キャラのも見てみたい、と言っていただいたので(ありがとうございます!)トライしてみました!
各人の生活感の差が出たほうが面白そうだなと思い、年齢差無視して一律全員大学生設定で行きます!
posted at 2019/4/21 22:10:54

ウネン:食費を抑えたくて冷凍鶏むね肉お得用2kgまとめ買い、野菜類もまとめ買いで下茹でして冷凍保存するよ! あとは牛乳と納豆、この二つはマストアイテム。荷物は折り畳み式のキャリーカートに乗っけて持って帰る。重い物持って歩いたら 背 が 伸 び な く な る からね。
posted at 2019/4/21 22:11:47
成長期はまだ終わっていない、と信じているんだ、そうっとしておいてやってくれ。
(流石に、大学生になるまでにもうちょっとぐらいは身長伸びていると思うけど)
posted at 2019/4/21 22:12:28
(養父のミロシュは学費も生活費もケチらないだろうけど、ウネンはやっぱり気が引けて、極力無駄のない生活を頑張ると思われる)
posted at 2019/4/21 22:13:23
オーリ:こいつもあまり無駄遣いできない立場だが、食事は大事なので生協のミールカード一択、三食生協。買い物はもっぱら麦茶パックとか、水で溶かすスポドリの粉末とか。お得用大袋入りチョコよりどり2パックでちょっと割引されるやつなんかにホイホイされて、少しずつ大切に食べる。
posted at 2019/4/21 22:14:03
モウル:朝ご飯用のパンとか卵とかベーコンとか、夕ご飯には総菜。自炊は面倒だけど生活力ゼロと言われるのは嫌なので、簡便調理用の調味料(メイン食材一つ二つ用意すれば簡単にできるやつ)も幾つか。新発売や期間限定のお菓子はとりあえず買ってみる。家でお酒はあまり飲まないがつまみは買う。
posted at 2019/4/21 22:15:41
イレナもシモンも自宅生だろうなあ。イレナは珍しい果物見つけたらついつい買って帰って、たまに「思ってたんと違う……(´・ω・`)」ってなる、けど、あまり懲りない。シモンは小さい頃に親の買い物に付き合うことが多かったせいで、新鮮な野菜の見分け方に詳しい。
posted at 2019/4/21 22:29:15

以下、いただいたリプライへのお返事もまとめておきます~。

ウネンの、成長を意識した食材チョイスについて。
牛乳飲んで納豆食べて日の光に当たって運動すれば、伸びるかも……(真顔
posted at 2019/4/22 08:14:01

カルシウム摂取なら「しらす」もおススメ!
しらすは広告の品狙いですね!! テレビとかで「背が伸びる食材」とか特集されるとうっかりつられちゃうウネンです。差し入れありがとうございます~!
posted at 2019/4/22 08:47:48

見栄っ張りモウル。
「今時、男女関係なく自分の面倒ぐらいは自分でみられなくちゃねー?」とこれ見よがしなドヤ顔するためにも、たまに頑張ってます!
posted at 2019/4/22 08:20:38

好奇心と懐具合のせめぎ合い。
新製品はウネンもオーリも物凄く気になるたちなので、ここぞという時に自分へのご褒美に買うでしょうが、オーリはセンスが無さそうなので、折角の機会にビミョーに口に合わないもの買ってしまってしょんぼりするまでがセットです(鬼作者)
posted at 2019/4/22 08:27:29

イレナとシモンが一緒に買い物に行くと……。
「でも、どんな味か気にならない?」と迫られると、シモンもNoとは言えなくて、そうして二人して「思ってたんと違う…」ってしかめっ面すればいいと思います!
「また買うのか? この間のやつビミョーだっただろ」「でもこれはすごく美味しいかもしれないよ。気にならない?」そして歴史は繰り返す…
posted at 2019/4/22 08:44:17

各キャラについてのお話、からの――
鶏肉と牛乳で3キロもあるんで、歩きでは無理やな、って思いました……自転車だと転倒しそう……。
空腹に負けて夜食に牛丼屋、ありです、あり! 筋肉の基礎代謝っょぃ。サラダはつけるでしょうね~。野菜不足気にしてそう。
モウルは絶対に新製品情報に口出してきますね!目に浮かぶようだ……w
posted at 2019/4/22 09:15:26
――夜中の牛丼屋で鉢合わせするオーリとモウル。
三食プラス牛丼かよって呆れられるか、と構えるオーリに、別に毎回こんな時間に晩御飯食べてるわけではないし時間に余裕があったら自分で作ることもあるし、と心の中で謎の言い訳をするモウルであった……。
posted at 2019/4/22 13:08:31


 改めて考えたら、現代日本は生活しやすいよなあ……(しみじみ

 現代パロディについては、某蓬莱学園みたいな(伏せてない…)巨大な学び舎を一つ用意して、自分とこだけでなく他の方のファンタジー創作キャラも大勢そこに投入して、わいわい遊べたら楽しいだろうな、って妄想を密かに抱いてます……。誰かやりませんか……?
 

創作関係の呟き:産業遺構はいいぞ

 お久しぶりのツイッタまとめです~。かなり時機を逸したものもありますが、キニシナイ。

 今更ながらの「ポッキープリッツの日」ネタ。
黒の黄昏@ポッキー時空
レイ「ちょっと行ってくる」
サン「お前、人前でキスなんて要求したら、今度こそ彼女に張っ倒されんぞ」
「キスじゃねーし。ポッキーゲームだし。それに誰が人前でそんなことするんだよ。二人き」
「二人きりなら普通にキスすればいいじゃん」
「お前なんて嫌いだー!(脱兎」
posted at 2018/11/11 17:09:56
先日、嬉しいご感想いただいたばかりなのもあって、今年は黄昏のダンスィ二人組で。
去年のはこちらに→ greenbeetle.blog51.fc2.com/blog-entry-924…
posted at 2018/11/11 17:14:34

 そうそう、九十九の黎明の登場人物人気投票なんかも作っていました。
 現在ものんびり投票募集中。
好きな登場人物を二人@九十九の黎明
goo.gl/forms/NeEaE5cG…
投票したら結果が見られ……るはず。
posted at 2018/12/21 16:37:01
体調不良と多忙の波状攻撃で創作活動どころではなくて、カッとなって作った。
のべるでいずのキャラクター投票がああいう感じで寂しくてな……。
posted at 2018/12/21 18:09:14

ある意味、ファンタジー脳がとても刺激される記事。ファンタジーなんて言うと科学の徒である当該研究者さん達は不愉快に思うかも知れないけれど。
空気中に蒸発したウォッカの濃度で0と1のビットを表現し、テキストメッセージを送信する技術が実現した。
posted at 2019/2/19 08:40:58
私、魔術にも理屈があったらいいな派なのでね。どんなに荒唐無稽で実現性がなくて感覚的でも、なんとなくでもいいから筋道だけは通っていてほしい。魔術で引き起こされる現象の、その世界での再現性は担保されていてほしい。
posted at 2019/2/19 08:44:53

大谷資料館、いつか絶対行きたい場所の一つだ。メモ代わりに公式サイトリンクしとこ。
www.oya909.co.jp
産業遺構って、廃墟好きと遺跡好きの両方の血が騒ぎませんか。当時の人々の生活の様子や社会のシステム等が窺えるのも、すごく好き。この写真は『近代遺跡調査報告書 -鉱山-』から。
pic.twitter.com/kYXkiCpeyG
posted at 2019/3/7 08:59:59
産業遺構といえば、紅玉やアルノルド書くのに鉱山関係色々調べた際に見つけたこちらのページが素晴らしいんですよ。
明延鉱山 大仙選鉱場
yosuzumex.daa.jp/industrial_her…
明延鉱山公式サイトはこちら
www.akenobe-kozan.com
大仙選鉱場は現在は立ち入り禁止なんですね。一度この目で見てみたかった。
posted at 2019/3/7 09:01:39
明延鉱山、春になったら行ってみようかなー、と画策中。生野銀山は随分前に訪れたことがあるけれど、同行者がいたのであまりゆっくりできなかった。今度は明延と合わせてじっくり自分のペースで見てまわろう。
posted at 2019/3/7 09:02:27
二つ上のツイートで紹介した、明延鉱山の大仙選鉱場探訪記、トップページはこちらです。
雀の社会科見学帖
yosuzumex.daa.jp
訪れた施設の数も多ければ内容も濃ゆくて、ものすごく読み応えがあります。充実した記録をありがとうございます!!
posted at 2019/3/7 09:03:02

 京極夏彦『魍魎の匣』ネタがタイムラインに流れてきたのに乗っかって。
みつしり、みつしり。
実は『リケジョの法則』80ページで「みっしり」じゃなくて「みつしり」を使っているのは京極夏彦リスペクトでした。満ち満ち過ぎてアカン、ってフレーバーを加味したかったのです。傍点打ってるのは、誤植だと思われないようにと、いわくがあるよと示唆するためです。
posted at 2019/3/17 12:13:09
『リケジョの法則』の玄関マット芸は結構見え見えなので、一回転宙返りは無理だと思いますが、「来るか……来るか……やっぱ来たー!」っていうふうに、引っこ抜くマットに合わせてジャンプするのを楽しんでいただけたらイイナーって思っています。
twitter.com/typ1/status/11…
posted at 2019/3/17 12:32:26

めちゃんこ嬉しかったので、も一回ペタリして見て見てします! 好きな絵柄で描かれた自キャラというだけでも幸せなのに、お気に入りとして挙げてもらえるとか! しかも私も好きなキャラと一緒に並んでいるの、もうほんと嬉しすぎて倒れそう。

posted at 2019/4/5 08:57:42

"ファン文庫『リケジョの法則』へのご感想" まとめました。ご感想くださった方ありがとうございました!
twitter.com/i/moments/1115…
機械系エンジニア女子の水中ロボット開発記。理系あるある有り、すれ違いの恋有り、ボケツッコミ有り、謎解き有り、でお送りします。ものづくりの裏側を是非どうぞ!

posted at 2019/4/8 21:58:42
 

エイプリルフール小ネタ

 エイプリルフール、今年は(今年も?)忙しくて全然まったく用意できなかったんですが、何もしないのも寂しくて、突発的にツイッタに小ネタを放流しました。
 せっかくなので、以下にまとめておきますねー。

ちょっと時間が空いたので、突貫でラクガキしました。三年前から引っ張っている性別チェンジギャルゲーネタではありませんが、九十九の三人の性別を入れ替えてみました。
元のキャラについては→ twitter.com/typ1/status/10…
#エイプリルフール

posted at 2019/4/1 16:11:29
でもって、こっちが『リケジョの法則』の二人の性別入れ替え。
元のキャラについては→ twitter.com/typ1/status/10…
#エイプリルフール

posted at 2019/4/1 16:14:54
ちなみに去年のエイプリルフールネタ→ greenbeetle.blog51.fc2.com/blog-entry-938…
一昨年のにゃんこれ→ greenbeetle.blog51.fc2.com/blog-entry-901…
三年前の学園乙女ゲー小ネタ→ greenbeetle.blog51.fc2.com/blog-entry-859…
posted at 2019/4/1 16:27:36


 ネタそのものに対しての反応も嬉しかったですが、「名前w」「名前がww」「名前ひどいwww」とのツッコミにも大喜びな作者です。

名前、オリザベスとかモルフィーヌとかも考えたんですが、女性名に対して男性名は分かりやすいものが思いつかなくて、こんな感じになりました。ほら、スネ夫とかうな次郎とか、よく似た名前も現実に存在するし!
posted at 2019/4/1 21:03:18
(あと、鬼頭えん先生とこのキャラの愛称「ゴー太郎」「リチ子」もチョット頭をよぎった)
posted at 2019/4/1 21:07:33


 モウルがモル子なのは、モウ子のあまりの「牛」感のせいなのでした。

 お付き合いくださった皆さん、ありがとうございました。楽しかったです!
 

バレンタインデー

 NestleによるバーチャルチョコレートをSNSでやり取りするサービス、バレンタインポスト。一昨年の「九十九の黎明」番外編「お菓子の日」および「お菓子の日、の、お返しの日」は、このサービスをきっかけに生まれた掌編でした。→バレンタインデーの分 →ホワイトデーの分

去年はバタバタしていて頭が創作脳に切り替わらず、ラクガキでお茶を濁した(私にとってラクガキは「図解作業」なので創作脳が留守でもなんとかなる)わけですが、今年も同じようにバタバタしている状況で、小説は無理でもせめて小ネタ会話文ぐらいはものしてみよう、と、二年ぶりにバレンタインポストを活用いたしました。

バーチャルチョコありがとうございます! 私宛のもキャラ宛てのもとても嬉しいです! 体調不良まだちょっと長引いてるんですが、キャラ宛てのメッセージをネタに、隙間時間にちょこちょこと会話文を書いて創作脳を暖気してます~。
posted at 2019/2/5 20:22:11


 ログは上の画像からツリーを辿れるようになってはいるのですが、フォロワさんへのリプライも含めて見やすく整形して、小説ごとにまとめておきます。

先ずは、「積木」シリーズの朗先生に。

志紀「(鞄からチラ見えた包みを指差し)先生、それは?」
朗「え、あ、生徒に貰ったんだ。義理チョコらしい」
志紀「人気ですねー」
朗「まあな(慌てたものの、少しは妬いてくれてもいいのに、とも思ってる)」
志紀「(私も手作りすればよかった、とさりげに凹んでいる)」

→そしてイトカワチョコに続く

アルノルド・サガフィの帰郷」にも。

アル「この人物は、なにゆえ頭に人参を刺しているのか……」
ロニー「いや、これは、額を剃り上げて髪の毛を束ねているのだと思う」
アル「何故」
ロニー「頭皮を……怪我した……とか」
ヴェー「(面白いからもうちょっと放っておこう)」

リケジョの法則』には二つも!

理奈「えッ?あ、ええっと、ううんと、ハンドスピナー!」
珊慈「ボケて、っていうのに正解言ってどうするの」
理奈「ええッ!? 嘘、これハンドスピナーなの? 紐引っ張るとプロペラがヒュンって飛んでいくおもちゃじゃないの? って、ああっチョコが溶けてきた!」
珊慈「おあとがよろしいようで」


理奈「美味しそう!」
豊田「ホンマや美味しそう!おフランス?おフランス製なん?」
小坂「チョコならフランスよりベルギーでは」
豊田「せや、ベルギーいうたら、あの部品についてなんやけど…」
理奈「(ベルギー→ワッフル→格子状→あの部品)あー、どうしました?」
珊慈「(ベルギーの部品????)」

楽園の手」の彼には、うっとりと甘いチョコを。

「ああ、そうか。人が迷い込むんだから、物だって紛れ込んでくるか。チョコなんてもう随分と食べていなかったな」「なんだ、これ、凄く美味しい……」「おいしい……」「……」「…………」「どうせ僕が買えるチョコは、ただ甘いだけの石鹸みたいなものだからね。僕には、手、で充分だよ……」

そして、「九十九の黎明」には一番沢山いただきました。


オーリ「ダンベル……鍛錬の道具か……随分軽いな……」
ウネン「チョコだからね……」
モウル「オーリにはその大きなチョコがあるんだから、こっちのは僕とウネンで山分けするからね(若干不機嫌そうに)」


ウネン「わーありがとうございます! こんなに美味しいの、一度に食べちゃったら勿体ないから、大事に仕舞ってあとで少しずつ食べよう……(真顔)」
モウル「(リスかな……)」
オーリ「(リスだな……)」


ウネン「ありがとう!」
モウル「待った! おい、オーリ、彼女をとめろ、それ酒が入ってる!」
 * * *
モウル「送り主、解っててやっただろ……」
ウネン「(モウルに渡された呪符を数えながら)14、15、」
オーリ「おい、もう数えるものがなくなるぞ」
モウル「オーリ頭下げて。頭髪を数えてもらおう」
オーリ「おい」


モウル「ありがとうございます、光栄です(爽やか笑顔)」
ウネン「さっきまでと随分態度が違うね」
オーリ「『虫歯になるぞ』とか『油分の過剰摂取は良くない』とか散々言ってたな」
モウル「適度ならいいんだよ」
ウネン「届いた瞬間『ヤッター!』って叫んでたもんね」
モウル「……忘れてどうぞ」

仲間内だとつい油断しちゃうモウルでしたw


ウネン「ありがとうございます! それにしても、こんなに甘くて美味しいものがこの世にあるなんて……!!(ぱくり)チョコばんざい!(もぐもぐ)」

※この世界にチョコレートはまだ無い。


モウル「なんかさ、僕の扱いだけ酷くない???」
ウネン「でも、髪の毛長いほうがこういうの似合うよ、きっと」
オーリ「うむ」
モウル「髪の長さなら、あの剣士の子のほうが長いじゃないか」
ウネン「でも、それだと面白くないし」
モウル「ここで面白さを求めないで」


ウネン「ぼく純粋かな? そもそも純粋ってなんだろう?」
モウル「そういうところだと思うよ。まず言葉の定義を明らかにしようとする姿勢」
ウネン「そうなんだ?」
モウル「太古より学究の徒は『無邪気』だとか『純粋』だとか評されることが多いからね。僕のように」
オーリ「えっ」
ウネン「えっ」


モウル「雨を避ける僅かな間だけのことで、何を気にするのさ。喜んで傘に入れてもらうよ。僕が入れるほうの立場でも同じだね。誰だろうと濡れねずみになっているのを見るのは忍びないからね」
ウネン「あそこに雨宿りしているマルセルが」
モウル「え、どこに? ちょっと見えないなー(棒読み)」

「感知できなかった人物は、存在しないのと一緒」だそうです。たぶん、見て見ぬフリが捗るんだろうなあ。


レヒト「その白鳥の子は『足長』って他の兄弟達から苛められてたんだ。ある日、平和な湖に狩人がやって来て、兄弟達は岸辺の茂みに隠れたんだけど、この子は足が邪魔で隠れることができなかった。それを憐れんだ神様が、彼の羽を夕日で染め上げて狩人の目を誤魔化し、なんとか難を逃れることができ――」

レヒト「――そして、『醜い足長の子』の、自分を見捨てた兄弟達への復讐が始まる」
マルセル&テオ「なにそれ続きが無茶苦茶気になる!!」


ウネン「お化粧かー。これからバンバンお金稼いで余裕ができたら……(うっとり)」
モウル「さて、無事に報酬を手に入れた君は、町の広場へとやってきました。お洒落な店構えの雑貨屋と、年季の入った本屋が並んでいます。どちらの店に入りますか」
ウネン「…………本屋さん、か、な……」


ジェンガ「滑雪と言えば、昔、国境警備に加わった時にやったことがあるのじゃが、曲がり方が分からんで、雪の中に埋もれて死にそうになったわ」
ウネン「ジェンガ様なら炎で雪を溶かせるのでは」
ジェンガ「失神してしまったからのう」
ウネン「どうやって脱出したんですか? って、ジェンガ様、どこへ?」

ジェンガ「(ウネンの声をあとに、とぼとぼと廊下を歩きながら)憎い敵だと思っていたのなら、儂なんか助けなければよかったものを……。ならば故郷に錦を飾ることもできたろうに……」


(おおっ、これは、またもやかぞえてんぐの出番か……!)(作中に、酔っぱらったウネンが延々と数を数えるシーンがある)

「まったく、世話の焼ける……」



オーリ「傘は使わないんだ。いざという時のために、できるだけ手は空けておきたい」
モウル「君さ、あくまでもチョコの話なんだから、ありがとう、ってお礼言って受け取ればいいんだよ」
ウネン「武器にもなる傘とかどう?」
モウル「面白いね」
ウネン「縁が刃物になっててぐるぐる回して攻撃するの」
モウル「それは予想外」


マルセル「おー! 良かったなテオ!!」
テオ「(ちょっぴり照れながら)おう」
マルセル「お前、いい奴だもんな。今まで貰ってなかったのが変なんだよ(しみじみと)」
テオ「お、おう」
マルセル「俺も、自分のことのように嬉しいぜ!(曇り無きまなこで)」
テオ「……一緒に食うか?」


マルセル「言われなくっても! おい、テオ、一緒に食べようぜ!!」
テオ「おう、ありがと」(さっき貰ったやつ、マルセルにも分けておいて良かったな……)

この二人、仲良しではあるんですよ。たまにテオが「俺はお前のかーちゃんじゃねえ!」ってキレそうになるだけでw


モウル「え、君、前に貰ったチョコ、まだ食べてなかったの?」
オーリ「非常食に良さそうだと思ってな」
モウル「まぁ、確かに、チョコレートはコンパクトでハイカロリーだけどね……」
ウネン「でも、これで両手同時にダンベルを持てるね!(「いっち、に」と筋トレのジェスチャーしながら)」

モウル「ていうか、オーリよりもむしろ君がコレで鍛練したらいいんじゃない?」
ウネン「モウルのほうこそ、もっと体力つけたほうがいいよ」
挑戦的な眼差しで対峙する二人。
オーリはその向こうで「こう、か……?」と眉間に皺寄せながらダンベルチョコ持ち上げてる。


三つ目の日本酒チョコは、オーリが預かることになりました。



 ちなみに、私から差し上げたチョコは以下のとおりです。


去年のバレンタイン四コマ漫画のネタを回収(?)しました。


レシピは本人しか知らない……


大丈夫! 溶かして何か色々混ぜて固めただけで、余計なこと一切していないから!!


楽園より愛を込めて。


「(微妙に似てない声真似で)殴ったね!親父にもぶたれたことないのに!」
「人聞きの悪い。ツッコミ入れただけだ」

 以上、とても楽しく遊ばせていただきました。お付き合いくださった皆さん、ありがとうございましたー!
 
 あと、私個人へのチョコ&メッセージも無茶苦茶嬉しかったです!! 静かな泉……照れるわぁ……(*ノωノ)
 

サイト名の英訳について&謝辞

 実は二年ほど前から、サイトのフッタにひっそりとサイト名を英訳したものを記していたのですが、九十九の英語版が出たことだし、この際、英訳サイト名もロゴ(気に入ったフォントを並べただけですけど)を作ってサイトindexに載っけることにしました。

The one who treads through the void<br />

 以前から公言しているとおり私は英語が不得手なので、サイト名を英訳するにあたっては、ツイッタにて英語に長けた方に助言を仰ぎました。

 大元のツイは削除してしまいましたが、確か、辞書と首っ引きで作成した拙い英文を上げて、
「どなたか英語が得意な方、改善点を指摘していただけませんか」
という旨のお願いのツイートを流したのです。

切羽詰まった理由があるわけではないので恐縮ですが……。サイトのページのフッタに入れたら格好良さそうだな、とか、その程度のことなので……。 いかんせん私、英語が本当に苦手でしてな。お助けいただければ幸いです。
posted at 2017/3/12 11:01


 親切なフォロワさんがツイートを拡散してくださったおかげで、二人の方からご意見をいただくことができました。
 ツイート転載の許可をいただきましたので、以下にその貴重なアドバイスを掲載いたします。

「空間」を往くならonよりはthroughあたりが収まりが良さげかな、とか。onに感じる「踏みしめて往く」ようなニュアンスを動詞に追加するならThe one who treads through the voidとしてみる。という思いつきをぼそっとつぶやいてみます。
posted at 2017/9/9 11:18
わぁ、ありがとうございます! treadなんて単語、思いつきもしませんでした。辞書引いて、なるほど、と頷いております。それ以前にaじゃなくてtheですよね、お恥ずかしい…。教えていただいたフレーズを使わせていただこうと思います。とても助かりました!
posted at 2017/3/12 11:30

みどりさんとご縁のある、英語畑のものです。goes onのあとにtoを入れたら、あとは文法的には大丈夫ですよ!もし「あわいを往く」というのが、なんらかの空間の中を通過するというニュアンスであれば、goes throughの方がより正確かなと思います。
posted at 2017/3/12 11:51
あとはブラッシュアップの技法として、one who ~ (~する者)という文語的な表現もありかもです。まとめての提案として、one who goes on through the voidというのはいかがでしょう…突然の横槍、失礼しました!
posted at 2017/3/12 11:57
ありがとうございます! 実はつい先ほど他の方からも「The one who treads through the void」とのご提案を受けたところなのでした。おかげさまで、最適解がくっきりと解りました。お付き合いいただけて嬉しかったです。助かりました!
posted at 2017/3/12 12:02
treadいいですね、静かに歩む感があります!もとのgoes onには、長い道のりをずっと進んでいる感があったので、どちらを選ぶか甲乙つけがたい感じです。the oneはoneよりも特に選ばれた者が出ていると思います!
posted at 2017/3/12 12:09
おおおおー、なるほど、なるほど。やはり知識のある方には、私には見えないものが見えているのですね……! 静かに歩む感に、長い道のりをずっと進む感。こういう微妙な違いは、ちょっと辞書を引いたぐらいじゃ解らないので、解説がとてもありがたいです。
posted at 2017/3/12 12:14


goes through → 「空間」を往く、なんらかの空間の中を通過するというニュアンス
goes on → 「踏みしめて往く」ようなニュアンス、長い道のりをずっと進んでいる感
tread →静かに歩む感

 この微妙な使い分け。すごい。本当にすごい。
 上記のリプライをいただいた時、生きた英語ってこういうことか、って、ものすごく感動しました。

 カッコイイ英訳サイト名を得られたことは勿論のこと、私には到底見ることのかなわない世界を垣間見せてもらえたことが、とにかく嬉しかったです。
 walterinsectさん、南無人士さん、その節は本当にありがとうございました!
 

1/19の拍手

 拍手をありがとうございます! ここしばらくまた体調不良でダウンしていたのですが、いただいたコメントのおかげで気持ちだけは元気でした! ご感想は万病に効く……!?

>り さん
コメントありがとうございます! たましいがふるえる、とは、なんと勿体ないお言葉!
仰るとおり、手の描写には魂を注ぎました。それに、洞窟を見つけるくだりの視線の動きにも、細心の注意を払いました。お褒めに預かって本当に嬉しいです。苦労した甲斐がありました。
今ちょっと身の回りがばたばたしていて、なかなか創作に没頭できない状態ではありますが、また落ち着いたら新作に取り掛かりたいと思っておりますので、これからもよろしくお願いいたします!
 
 

新着

■コメント
0907:GB
0907:冬木洋子
1130:GB
1130:狼子
0117:GB
■トラックバック
0905:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『Dawn of the Mapmaker 1』表紙
『Dawn of the Mapmaker 1』
¥874
発行:Cross Infinite World