未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧電子書籍のご案内
更新のお知らせやコメントレス、たまに管理人の雑談が交じります。
ユーザータグ「RはリドルのR」の記事
2017/04/01
サイト話] エイプリルフール 
2016/08/02
創作話] 創作関係の呟き:残念な探偵役 
2016/07/21
後書き] 「RはリドルのR」シリーズ「無礼者」 
2015/10/26
創作話] 創作関係の呟き:己の気に入ってる一文を晒す 
2014/10/22
創作話] 創作関係の呟き:寒いね、と言うと 
2014/06/24
後書き] 「RはリドルのR」シリーズ「昔日の夕日」 
2013/11/01
掌編] ハロウィン小ネタ 
2013/09/01
サイト話] イラストをいただきました 
2012/06/25
後書き] 「RはリドルのR」シリーズ「消えたサドル」 
2011/08/01
企画] 電子同人誌「でんしょでしょ!」 vol.2 

エイプリルフール



 去年のエイプリルフールに、構想だけで終わった「自作小説ネタで学園乙女ゲー」ネタを呟いたあと、ふと、「今からこつこつ準備すれば、来年は何かできるのでは……!?」と思い立ちましてね。
 せっかくだから、初心貫徹で『性別チェンジギャルゲー』に挑戦だ! → 顔が描けなくてあっさり頓挫 → ヒトがメインでなければなんとかなるのでは? というわけで、お猫様のいでましと相成りました。

 デジタル画材なんて、とっくの昔にOSのバージョンアップに置いてかれた古い古いフォトショップしか持ってない(いや、そもそもアナログ画材もまともなの持ってない)ため、そこらへんのコピー用紙に水性ボールペンで描いた線画をスキャナ取り込みして、マウスで色塗りですよ。頑張った!w
(ちなみに、女性キャラの顔は、元ネタである某ゲームの模写です……。やっぱり顔は描けませんでした……)

 ありがたくも、拙作を既読の方から、各にゃんこにキャラの特徴が出ているとのお言葉をいただき、大喜びしておりますv
 一応、ネタばらしをすれば……、

 黒:モウル@九十九の黎明
 灰:レイ@黒の黄昏
 灰白:ラグナ&ウルス@紅玉摧かれ砂と為る(さて、どちらがどちらでしょう?)
 白:朗@積木シリーズ
 茶トラ:嶺@RはリドルのR

 お昼過ぎてさっさと撤収してしまったので、見逃したけど一度見てみたい、という方は、こちらからどうぞ。
「四月馬鹿」に相応しい、あほなネタにお付き合いくださいまして、ありがとうございました!
 

創作関係の呟き:残念な探偵役

 一カ月の広告表示にはまだ間があるけど、月が変わったことだし、先月分のツイッタまとめ参ります!

「RはリドルのR」の探偵役は、しょっちゅうハリセンで後頭部どつかれるような(一応、比喩。一応)残念なお調子者だが、他の小説でも、同様のポジションにいる奴は大抵なにかしら残念ポインツかかえているので、これはきっと作者のせいなのだろう……すまんな……。
posted at 2016/7/2 23:09:04
「夜風は囁く」のアニキはシリアスリーな崖っぷち人間相手にモノマネ披露しやがるし、「うつしゆめ」の優等生クンは謎解きに至るまでがボロボロだったし、「アルノルド(以下略」のアルノルドは石頭だし。うん? そう考えると、「九十九~」のモウルは比較的マシなほうなのか、な……?
posted at 2016/7/2 23:15:30
(たぶん、その物語の主人公か否か、というところがキーな気がする……)
posted at 2016/8/2 23:19:00
(待って、原田は主人公じゃない……)
posted at 2016/7/2 23:21:58

最初期のプロットには「主人公がほにゃららについての情報をゲットする」とか「ここでほにゃららの正体を仄めかす台詞」とか「ほにゃららを思い出してるところ」とか書いてあるからなあ。シナリオ段階でそれらの目的に合致するエピソードを考えて、並べて、入れ換えて、って、気分は嵌め絵パズルです。
posted at 2016/7/16 09:38:50

>RT (クローン羊ドリーのクローン姉妹たちは寿命が短くなっていないことが判明 - GIGAZINE gigazine.net/news/20160727-…
クローンが元の個体のテロメアの長さを引き継がないとなると、今寝かせてるプロット一つ再考せにゃならんな……orz
posted at 2016/7/28 17:15:45

 

「RはリドルのR」シリーズ「無礼者」

 二年ぶりの更新は、厳密に言えば新作ではなくて、サイトのアンケートお礼SSの再録なのでした。
 謎解き要素をチラッと含んではいますが、文庫本で換算して僅か5ページという、実に短い、エピソードの切り売り的なものとなっております。

 このシリーズも書きたいネタはまだまだあるので、そのうち、そのうちに、もっとまとまった量の物語をどどーんと更新したいと思っています……いるんです……。
 

創作関係の呟き:己の気に入ってる一文を晒す

 ああー、また一ヶ月が経ってしまったー。
「九十九の黎明」の連載を開始したら、またブログも動くと思うのですが、それまではツイッタ転載記事で広告を消しておきますね。

ナノハさんから #好きな組合せを投下してタイプが気になる人を4人指名 という好きカプ暴露バトンをいただきました。
 
尊大と見せかけて実はヘタレな男×芯の強い女、
暴走系男×ツッコミ女、
感情を面に出さない男×感情を押し殺す女。
下二つは男女逆転アリで。
posted at 2015/8/28 22:01:33

昨日呟いてた高校生の時のぽえむ、一番古いやつをプライベッターに上げてみました。痛々しさも一周回って、もはや殆ど他人事ですが、やっぱちょっと恥ずかしいので、フォロワーさん限定公開です。さあ、黒歴史のお裾分けをどうぞw
「平穏」 privatter.net/p/1062048
posted at 2015/9/30 21:19:30
一字一句、原文ママです。タイトルは、大学生になってから変更した記憶がありますが、他は高校生の脳みそ冷凍保存です。「空を駆ける」とか、オマエそれ「翔ける」とちゃうん、と、時空を超えてツッコミを入れたい、ちょう入れたい。
posted at 2015/9/30 21:24:25

#字書きがふぁぼの数だけ己の気に入ってる一文を晒す
 眼下に迫る、灼熱の荒地。
 命の源である太陽の光も、ここではもはや凶器でしかない。容赦なく照りつける陽光は、彼の目を眩ませ、彼の身体を痛めつける。
 それでも、彼は行かなければならないのだ。この世界の来し方を探り、行く末へと続く道を明るく照らすために。(おかえり、はやぶさ)
posted at 2015/10/15 23:07:07
 初めて耳にするその旋律の、なんと禍々しいことか。恐怖のあまり、レイはロイから目を逸らすことができなかった。
 荒い呼吸に、血の滴るような声音が混ざる。
 空気が次第におぞましい色を孕んでくる。
 初めて感じるその「気配」は、底知れぬ闇の香りがした。(黒の黄昏)
posted at 2015/10/15 23:10:41
全然「一文」とちゃうやん、というツッコミは甘んじて受ける。
posted at 2015/10/15 23:12:29
 斜めに降り注ぐ日の光の中に、領主が歩みを進める。まばゆく照らされる足元に対比して、上半身が闇に沈んだ。まるで、暗黒をその身にまとうがごとく。
 マニの胸の奥に、何か冷たいざらざらしたものがせり上がってきた。これが恐怖というものだ、と、その刹那彼女は理解した。(天穹に詩う)
posted at 2015/10/15 23:17:00
 どうでもいいことに頭を突っ込みたがるお節介の行動パターンよりも、小さな子供を狙う変質者の行動パターンのほうが、世間ではより広く認知されている。小学生の女の子(しかも泣きじゃくっている)に声をかけている男子大学生(見るからに胡散臭そう)など、一発通報、即逮捕だろう。(RはリドルのR
posted at 2015/10/15 23:29:04
 煌々と輝く満月のもと、女が優雅に手招きをしている。白い指の一本一本が月の光をすくい上げるように蠢くほどに、剣士の足は主の意に反して、ぎくしゃくと前へと進む。
 口の中に広がる鉄錆の味は、噛み締めた唇から滲むものだろう。だが、痛みは全く感じられなかった。(月下の虜囚)
posted at 2015/10/15 23:36:07
 見通せぬ世界が怖いというのならば、見なければよい。見なければ、認識上それは存在しないのと同義になる。そう、全ては靄の中に。嫌なものも腹立たしいものも全て、ぼんやりとした薄幕の向こうに追いやってしまえばいい。
 ソファに腰掛けた朗は、眼鏡の位置を直して、薄く笑った。(相対する積木)
posted at 2015/10/15 23:45:38
 改まった口調が、ラグナの逆鱗をかき撫でる。途端に、ぞくりと身体中を駆け巡る震え。捌け口を見つけた怒りが、歓喜に席を譲り渡す。
 ラグナは、下目でフェリアを見下ろして、静かに問うた。
「なんとしてでも、と言ったか」
 フェリアが、おずおずと顔を上げた。(紅玉摧かれ砂と為る)
posted at 2015/10/15 23:48:53
 ただ事ならぬ声が響き渡り、僕は死ぬほど驚いて一歩後ろに飛びずさった。
「無事? なぁ、無事? 手ぇ入れた? 手ぇ、無事?」
 こてこての関西弁にも度肝を抜かれ、慌てて背後を振り返る。
 銀色の肌、大きな丸い目。
 そこには、絵にかいたような「宇宙人」がいた。(銀色の守護者)
posted at 2015/10/15 23:51:33
 風がおさまり、広場は静けさを取り戻した。
 降りそそぐ夏の日差しに、霜はゆっくりとその透明感を増さらせ、やがて雫となって、そこかしこで宝石のように輝き始める。
 と、まばゆい光の粒が、辺りにはらはらと舞い降りてきた。(真夏に降る雪)
posted at 2015/10/15 23:59:51
以上9つ。ふぁぼくださった方、ありがとうございました! 楽しかったです!
posted at 2015/10/16 00:03:22

人に見せる文章を書くのって、物語を創るのとはまたちょっと違った楽しさがあるなあ(*´ω`*)  と言いつつ、時々面倒臭くなって色々すっとばしたくなるのだが(せっかち)、そこでぐっと我慢すれば各段に仕上がりが良くなる、ということをこの数年で学んだので、耐えろGB。
posted at 2015/10/20 00:56:50

物語が固まった高揚感のせいか、油断すると文章が酔っ払う。読みやすく、を肝に銘じて、地道に頑張るー。あ、そうそう、キャラ化キャラは、七名全員すとんと収まるところに収まりました。組み上げてみると、なんだかストーリーありきでキャラを作ったみたいに見えてくるんだけれど、→
posted at 2015/10/21 00:54:53
→実は全然そういうわけじゃなくて、チェックポイントしか決まっていなかった山登りに、それぞれのキャラを連れて挑戦したら、「ここ通れるよ」とキャラが思いもかけないルートを見つけてくれて、無事山頂に到達した、てな感じなのでした。ん? 何を言っているのか自分でもよく分からなくなってきた。
posted at 2015/10/21 01:01:20
 

創作関係の呟き:寒いね、と言うと

 またも更新せぬまま一ヶ月が過ぎてしまいました……orz

 とりあえず、広告を消すために、ツイッタからの転載いきますね。えいっ!(ぶん投げ

「薄紅まといて」には弓道部が出てくるんですけど、実は私は弓道の経験がなくて、ぼんやりとした頭の中のイメージを文章としてアウトプットするために、WEB上は勿論、図書館で参考文献を探しまくりましたん(遠い目) おかげさまで今のところ弓道経験者の読者さんからダメ出し貰わずにすんでます…
posted at 2014/8/21 23:49:01
@xxxxxx ああ、わかります、わかります。どんなに情報を集めて疑似体験しようと、実際に経験なさった方との間には、埋められない溝がありますもん、私も常にびくびくしております。だからこそ、経験者さんに「問題ない」と言われた日には、ガッツポーズ&喜びの雄たけびモノですv
posted at 2014/8/22 22:50:20

読み返すたびに修正点が見つかる……妖怪の仕業だな……貴様、名を名乗れ……
posted at 2014/8/25 21:52:48
でも、推敲作業って、結構好き……。少しずつ、本当に少しずつだけど、文章が前より良くなっていくのを見るの、楽しい……。
posted at 2014/8/25 21:57:23

サイトのアンケートで恋愛ものを求めておられる方が多いのは認識しているんだけど、現代恋愛ものばかり書いてると、どうしても違うジャンルのものを書きたくなってくるんだよ。尤も、恋愛もの書いてる、つってもサイト用じゃないから、どんどんサイトの恋愛もの率が下がってくることになるわけでアレ。
posted at 2014/9/22 09:04:25

つくものバナーに使わせていただいたフォントはこちら→ 「自由の翼フォント」 tanukifont.com/jiyu-no-tsubasa/ @tanukizamurai さん制作の「TVアニメ『進撃の巨人』第二期オープニングテーマで使用されている書体を真似て作ったフォント」です。
posted at 2014/9/22 09:41:45

@sousakuTL ……いつか、サイトにのっけてる小説を冊子にしてみようかな、と思ってる。一冊から製本してくれるところがあるし、あくまでも保存用、自分用でな。
posted at 2014/9/29 21:59:54

#自作品のタイトルについて語ってみる 「薄紅まといて」:桜が出てくるから薄紅。桜吹雪を身に纏う、って表現カッコイイよね、と思ったのは確かですが、実はひっそりと、「的を射る」との掛詞になってます。
posted at 2014/10/3 09:35:30
#自作品のタイトルについて語ってみる ……題名つけるの苦手なので後回しになることが多い。完成まで外に出さなかった「図書館で会いましょう」なんて、第一稿完成まで仮題「本」だったw でもこれはまだマシなほうで、酷いのだと「[キャラ名]が○○する」とだけ一行目に書いてあるというね。
posted at 2014/10/3 10:13:54

つくも、書けた分から一話ごとサイトで小出し連載しようかと思ってたけど、これ、ざっとでも最後まで書いたほうがいいかもしれない……。二月末までに仕上げられるかな……。ちょっと欲が出てきた。
posted at 2014/10/10 08:49:05
短編だろうが長編だろうが、全部書いてからバランス整えないと伏線とかエライことになる、ってのは、この数年で嫌というほど身に染みたから……。リドルみたいに一話読み切り形式なら、調整しやすいからいいんだけど。
posted at 2014/10/10 08:57:10
@typ1 ※あくまでも、私の場合は、です。
posted at 2014/10/10 08:58:05
てか、リドルも続きをなんとかしたいんだけどなー。ネタは三話分あるんだけど、プロット組めるほどまとまってないというか、まとめてないというか。前回、似たような状態から十日で一話仕上げたから、つい油断してる……もしかして自分、やればできる子なんちゃうん、って、もう四ヶ月経ってるけどな!
posted at 2014/10/10 09:08:03

ホノカがヒタカに寒いね、と言うと綿入りはんてんを着せてくれました。
shindanmaker.com/405783
 
流石はヒタカ、イマドキの高校生らしからぬ渋いチョイス。ちなみに順番を逆にするとホノカがヒタカの腰に巻きつくことに。(巻きつく、で清姫を連想したなんて言えない……)
posted at 2014/10/16 21:49:54
原田がヒカリに寒いね、と言うと無言で暖房の温度を上げてくれました。
shindanmaker.com/405783
 
ヒカリの、これぐらい自分でしやがれ、という氷のような眼差しが見えるようです。
posted at 2014/10/16 21:53:32
「寒いね、と言うと~」診断、「うつしゆめ」の主役カップルだとあまりにフツーだったので、因縁の二人でやってみた。
 
嶺が陸に寒いね、と言うと毛布で簀巻きにされました。
shindanmaker.com/405783
 
きっと、爽やかな笑顔でぎっちぎちに締め上げるんだろうな……。
posted at 2014/10/16 22:11:23
 

「RはリドルのR」シリーズ「昔日の夕日」

 やったー! 六月中に更新できたー!

 実に、二年ぶりのリドル更新です……二年……そんなに経っていたんだ……忘れていたつもりは全然なかったんだけど……なにこの光陰矢のごとし……orz 
 話の中心部分のネタだけは、ずーっと以前から存在していたのですがね。ネタから物語に組み上げるのを億劫がって、二年間もの間、冷蔵保存してしまった次第です。先日アンケートコメントいただいて、ようやっと発奮いたしました。とっちらかってたネタからプロット起こして一週間。遅筆なりに頑張ったよ!
#明日からまた仕事の原稿に戻ろう……。

 リドルのネタのストックは、現時点で、名誉棄損系と怪談系の二つがあります。地道に書き続けていきたいと思っていますので、どうかのんびり気長にお付き合いくだされば幸いです。
 

ハロウィン小ネタ

 小ネタで恐縮ですが、昨晩呟いたハロウィンネタをまとめておきますねー。

 ヒロインが「トリック以下略」とネタをふって、野郎の反応を見る、というパターンに揃えようと思ったんですが、どうしても一つだけ上手くいかなくて、諦めました。恐るべし、どつき漫才コンビ……。

「トリック・オア・トリート、って、なに、その溜め息」「仮装もなしで、『トリック』とか『トリート』とか言われてもなあ」「じ、じゃあ、(髪の毛ほどいて)貞子」「……」「トリック・オア・トリート!」「……」「……恥ずかしいんだから何か言ってよ!」「……」「なにニヤニヤ笑ってんのよ(泣」
posted at 23:24:35

先のツイ、今プロット組み立ててる話からキャラを引っ張ってきましたん。でも、改めて読み返したら、ヒロインのキャラがちょっと違ってしまったかも。うむむむ。
posted at 23:28:06

つーわけで、今まで書いた現代物のキャラを使って、ハロウィンネタSS、いきまーす。
posted at 23:30:18

「トリック・オア・トリート!」「どうぞ」「え?」「いたずら、するんでしょ? どうぞ(イイ笑顔」「あ、いや、別にいたずらしたいわけじゃなくって、むしろ私はお菓子のほうが……ほら、そこの飴でいいから」「ああ、これはあとで僕が食べるから、あげない」「……」「いたずら、どうぞ(ドヤ顔」
posted at 23:32:30

「トリック・オア・トリート! ていうか、トリック・アーンド・トリー……」右フック炸裂
posted at 23:34:44

「トリック・オア・トリート……いつも不思議に思うんですけど、『トリック』と『トリート』で行動の主体が違わないですか? ほら、『いたずら』するのは来客側で、『もてなし』をするのは、家の人なわけでしょ? って、あれ? 先生、どうされました? 頭痛ですか?」
posted at 23:39:41

「トリック・オア・トリート! なーんて」『……何かお菓子を送ろうか?』「ええええ? いいよ、ちょっと言ってみたかっただけだから! 気にしないで!」『そうか。……もしかして、仮装もしてるのか?』「まさかぁ」『…………そうか』(何か今ガッカリされたような……)
posted at 23:46:25

「今日図書館のキッズルームで、ハロウィン・パーティしたんですよ。って、職員が猫耳つけて、子供達に飴ちゃんを配っただけなんですけど」「猫耳……?」「ほら(鞄をチラっと開けて)これ、百均で買ったんですけど、結構出来がいいでしょ」「……!」「特に、館長がすごく似合ってて!」「……」
posted at 00:00:20
※館長:恰幅の良い50代後半の気のいいおっちゃん

なんてこった、日付変わってしまった……orz ハロウィン・ツイ、順に、「うつしゆめ」「RはリドルのR」「あい対する積木」「薄紅まといて」「図書館で会いましょう」でした! 一通り書いて満足したので、風呂ってこよう。
posted at 00:06:46
 

イラストをいただきました

「BLUE MOON」のKさんが、「キャライラスト描きますよー」とリクエストを募っておられたので、厚かましくもお願いして、「RはリドルのR」の原田嶺を描いていただきました……!

 サイトの「頂き物イラスト」のページに展示いたしましたので、キャラのビジュアル化が苦手でない方、「特別展示」から是非おいでください。いつになくカッコイイ嶺が見られますよv

 Kさん、ありがとうございました!
 

「RはリドルのR」シリーズ「消えたサドル」

 実は、現在開催されているアルファポリスのドリーム小説大賞に、この「RはリドルのR」シリーズで参加しておりまして、大賞期間である六月中にせめて一回は更新しよう、と頑張っていたのです。
 なんとか目標をクリアできて、ほっとしているところです。

 話のネタ自体は、去年からずーっと抱えていたものなのですけれど、やっと書き上げることができました。
 この三日ほど寝不足なので、推敲がちょっと甘いかもしれません。文章もちょっとカクカクしているような。
 誤字脱字など、何かお気づきの点がありましたら、どうか遠慮なくお知らせください……! お願いします!

 このシリーズ、現在三つほどネタが浮かんでいるので、順次プロットに起こして、今年中にもう少し話を進めることができたらなあ、と思っております。
 

電子同人誌「でんしょでしょ!」 vol.2

でんしょでしょ! vol.2
 電子同人誌「でんしょでしょ!」の第二号、発行です!

 価格:無料

パブー(横書き版)
iPadZine(縦書き版)

 創刊号と同じく、サイト掲載作でも参加可という事で、「RはリドルのR」シリーズから「無音の響き」を掲載していただきました。校正係さんの親身なアドバイスを受けて、微妙に修正・加筆しております。yanagiさんの素敵な扉絵は勿論、他の皆さんの作品も必見です!
 もう是非、ぜひ是非、DLしてくださいませ!


 さて、ここから、GBの一人反省会と参ります。
 今回も、校正係さんにはご苦労をおかけいたしました。
 流石に前回よりは修正箇所は少なくなりましたが、それでも送り仮名を間違えて覚えていた単語やら、チェックしたつもりだったのに残っていた表記揺れやら、単純なミスがそこかしこにあって、もう、穴があったら入りたい……orz

「改行の効用」と「構成の要」についてのアドバイスには、目からウロコがボロボロ落ちまくりました。もう、これ、私が独り占めしておくのが勿体無いぐらいです。私の元の文章と校正係さんのコメントを皆さんにお見せしたい……!
#って、私信に準じるものだという事は解っておりますから、公開しませんけれど。

 で、改めて自分の文章を俯瞰してみて、ようやく自分のムラっ気の多さを自覚しました。
 こう、わざとじゃないんですが、ところどころ、手を抜いた、というか、気を抜いた文章があるんですよね……orz
 いえ、一応全編一生懸命書いているつもりなんですけれど、心のどこかで「ま、ここはこれでいいか」みたいに棚に上げていた部分があったんですよ。何となく違和感があるような気がするんだけど、早く次に進みたいし、もういいや、みたいな。他人に指摘されてやっと気がつきました。

 自分で言うのもアレですが、やたら細かいところに注意を払って言葉を選んで何度も書き直して、ってところもちゃんと存在するんですよ。そこと、イイカゲンなところとのギャップがあまりにも悲し過ぎるというか。気が向いたら頑張るけど、気が乗らなかったらするっとスルー、って、なんという根性無し……orz

 というわけで、「丁寧に」「焦るな」「落ち着け」「深呼吸」を座右の銘に、これからを頑張りたいと思います。
 
 

新着

■コメント
0117:GB
0117:けいったん
0706:GB
0706:文月柊
0126:GB
■トラックバック
0905:はやぶさが来るよ!