未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧電子書籍のご案内
更新のお知らせやコメントレス、たまに管理人の雑談が交じります。
カテゴリ「雑記」の記事
2017/01/04
明けましておめでとうございます 
2016/05/01
SPring-8一般公開2016(その二) 
2016/05/01
SPring-8一般公開2016(その一) 
2016/04/28
10フィートの棒! 
2016/01/05
あけましたおめでとうございます 
2015/01/02
あけましておめでとうございます 
2014/05/28
明日香村~ 
2014/04/28
SPring-8一般公開2014、他 
2014/01/04
明けましておめでとうございます 
2013/05/06
お礼&近況 

明けましておめでとうございます

 新年明けましておめでとうございます!

 去年は、「九十九の黎明」の連載~完結 that's all な一年でした(サイトアンケートのお礼入れ替えに伴い、「RはリドルのR」のプチ更新も一度だけ行いましたが)。読んでくださった方、感想を、イラストをくださった方、ありがとうございました! 皆さんのおかげで無事連載を終えることができたと言っても過言ではありません。
 ツイッタで更新のお知らせなどをリツイートやいいねで応援してくださった方も、ありがとうございました。嬉しかったです!

 また、書籍や電子書籍をご購入してくださった方にも、多大なる感謝を。
 特に、徳間書店宛てにリアルお手紙くださった方。本当にありがとうございました。ここをご覧になっておられるか分かりませんが、現在、お礼のSSを書いているところです。出来上がり次第、送らせていただきますので、どうかもう少しお待ちください。いただいたご感想にお応えして、九十九の凸凹コンビの少年時代の掌編です。相変わらず、というか、名実ともに中二なエピソードですが、どうぞ楽しみにしていてください!

 今年は、来たる22日にサイト十周年を迎えることもあり(企画も何も用意してないけど……)、また新たに気持ちを引き締めて、創作活動を頑張りたいと思っております。
 新たな一年、よろしくお願いいたします!
 

SPring-8一般公開2016(その二)

 SPring-8一般公開行ってきましたの続きです。(前半→SPring-8一般公開2016(その一))


 SPring-8中央制御室。今年は中へは入れませんでした。


 蓄積リング内へも今回は立ち入ることはできなかったんですが、でも実験ホールからチラっと見せてもらえました。



 黄と黒の縞々テープの貼られたパイプが、写真中央で大きくU字に折れ曲がっているのは、天井クレーンのリモコンを通すため。


 この青いのが天井クレーン。操作リモコンは、ケーブルでぶらーんとぶら下がっています。


 ビームラインによっては、長さが建物内に収まりきれずに外へと壁をぶち抜いているものも。


 で、通路はそんな長いビームラインの下をくぐることになるのでした。


 階段上って実験設備の上にのぼるのは初めて。


 実にメカメカしくて良い(頭が悪そうな以下略


 こういう隅っこが気になる性分以下略


 他にも、見取り図とか写真にとりましたが、これぐらいにしておきます……。



 そんなわけで、普段見られないものを思いっきり見せていただきました。
 貴重な機会をありがとうございましたー!
 

SPring-8一般公開2016(その一)

 今年もSPring-8一般公開に行ってきました。
(ちなみに、一昨年の記事と、去年のツイログ

 今年は、一昨年や去年と違い、無料駐車場からの送迎バスの乗り場が、駐車場のすぐ脇にある西播磨総合庁舎県民局の入り口前に変更されていました。送迎バス、路線バスじゃなくって観光バスになってて、びっくり。
 加速器一周などのツアーの整理券を確実にゲットできるよう、早めにバス停にスタンバって、一台目のバスに余裕で乗り込んで、いざSPring-8に到着……と思ったら、総合受付はSPring-8の隣のSACLA。どうやら、今までのように「SPring-8全周の1/3を公開、ツアーでのみ一周を見学」という方式ではなく、今年は「SPring-8全周を自由に見てまわれる」ようになっていました。(ニュースバルの加速器見学は、以前と同様ツアーに申し込む必要あり)
 以前は放射光普及棟で行われていた工作イベントもSPring-8の中で行われることになって、良い意味でコンパクトで分かり易かったです。
 ただ、SPring-8の外周廊下に用意されていた、飲食可な休憩用の長机と椅子は今回は設置されず、お弁当は外の広場で食べることに。

 とまれ、今年も楽しく巨大建造物とメカにヒャッハーしてきた(頭の悪そうな表現)ので、ちょっと写真を自慢したいと思います! スマホのカメラ、ケータイの時よりもずっと性能が良くて嬉しいんだよーヽ(*^ヮ^*)ノ

 先ずはSACLA。真空封止アンジュレータ。



 SACLAの実験ホール。


 実験ホールを二階から。


 次いで、SPring-8へ。D1の入り口入ってすぐのところ。


 こういう、隅っこにあるアレコレが気になる性分なんです。


 消火方法も色々あるからね。


 A中央入り口の二階にある展望台から。



 外壁の曲面がカッコイイ!

 その二へ続くよ!
 

10フィートの棒!

 テーブルトークRPGにまつわる思い出話的なアレコレです。

最近タイムラインにTRPGの話が良く流れてくるなあ、と不思議に思って、ちょっとフォロワさんのツイート遡ってみて、高校時代に友人にロードス島のリプレイを「読め!」つって押しつけられて、思惑通りにダダ嵌まりしたことを思い出して、すごく懐かしい気分になるなど。
posted at 2016/4/20 07:56:38
友人が持ってたルールブックがAD&DだったかD&Dだったかだったので、私の初TRPGもそのあたりだったんだけど、武器や防具よりも火口箱の存在に一人勝手に盛り上がってた。火打石で火を起こすための道具セットね。なんかすごくファンタジーって感じがして。(技術ネタスキー)(三つ子の魂アレ
posted at 2016/4/20 08:06:34
D&Dといえば皆大好き10フィート棒w ダンジョン探索の際に罠の有無を調べる用の、3メートルの木の棒。進行方向をその棒で突っついたり叩いたりして罠を回避する、重要アイテム……なんだけど、一度、ダンジョンが狭すぎて途中で棒がつっかえて進めなくなったことがあったよw おのれマスターw
posted at 2016/4/20 08:12:47
あとね、3メートル先のスイッチ作動させてしまったら、背後から岩の球が転がってくる系の罠もあった。いや、確かにお約束だけど、10フィート棒役に立たないどころか物凄く邪魔だったから!
「棒で岩を止める!」
「はい折れた」
デスヨネー。ああ懐かしい。
posted at 2016/4/20 08:20:15
こちらにも紐づけとこ。10フィート棒を絵にかいてみたら、思った以上にアカン感じだったw
twitter.com/typ1/status/72…



TRPGのD&Dについては、なんとこちら hobbyjapan.co.jp/dd/ で最新版ルールブックのPDFを無料配布中!
posted at 2016/4/21 08:30:59


 TRPGで遊ぶ機会が多かったのは、やはり大学時代かなあ。時間に融通がきくからね。
 SF研の先輩やOBの人に手練れのゲームマスターがいらっしゃって、部員でもないのに知人繋がりでちゃっかりセッションに参加させてもらったりしてました。お菓子や昼ご飯持参で朝から晩までBOX(部室)にお邪魔したものです……(遠い目

 TRPGについては、以前にも「テーブルトークRPGと創作」って記事を書いたことがあるので、リンクしておきます。
 受け身プレイヤーだったし、細かいことは忘却の彼方だし、と、本当にどうでもいいことしか語れないのですが、それでも、「TRPGはいいぞ!」ということが伝われば……。
 

あけましたおめでとうございます

 あけましておめでとうございます!

 サイトを訪れてくださった方、小説を読んでくださった方、ご感想をくださった方、ツイッタなどで応援してくださった方、そして、書籍や電子書籍をご購入くださった方、昨年はありがとうございました!
 今年もよろしくお願いいたします。

 思い返せば去年の新年のご挨拶にて、

>「九十九の黎明」の連載を開始して、あわよくば完結まで持って行けたら

 などとふかしておりましたが、見事に半年以上ずれ込んでしまい、現在、全十二章予定の第三章後半まで進んだところです。
 実は、一年前の時点では、物語のメインストリーム部分のプロットと第一章のシナリオしかできていなかったんですよね……。そんな状態で、よくもバナーや目次ページを作ったものだ、と、我ながら思います……。
 で、作中で語るべき設定を、どういうエピソードに落とし込んでいけばいいか、うんうん唸って考えている最中に、降ってきたネタを、忘れてしまわないうちに、と勢いよく書き上げたのが、「紅玉摧かれ砂と為る」でした。
 その節は、痛重苦しい物語にお付き合いくださいまして、ありがとうございました……

「紅玉~」を書くために、「九十九~」の作業を中断することになったわけですが、「紅玉~」を書いたおかげで、ちょっぴりですが表現力がバージョンアップしたような気がしますし、「紅玉~」完結後に行ったキャラ化キャラ企画によって、エピソードに深みも持たせられたと自負しているので、回り道上等!

 ……またしても自分で自分のハードルを上げたような気がしないでもないですが。 orz

 あとは、商業のほうも、なんとか……ぼちぼち……。

 なにはともあれ、今年もよろしくお願いいたします!
 

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございますー!
 旧年中はお世話になりました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 昨年の創作活動を振り返れば……

1月 「銀色の守護者」(ゆるゆるSF企画参加作)
 銀色だけど灰色と呼びたくなるようなオネエ(もどき)と第一種接近遭遇な物語。ネタを思いついて我慢できずに五日で一気に書きあげました。遅筆な私にしては超上出来です。

6月 「昔日の夕日」(「RはリドルのR」シリーズ)
 台詞だけ抜き出すと男と区別のつかない雛方光(ヒカリ)と、彼女に天敵認定されたお調子者の先輩・原田嶺が繰り広げる、時々謎解き、時々どつき漫才。夕暮れの公園でヒカリが見つけたのは、泣いている女の子と……。

7月 「うつしゆめ」書籍化
 電子書籍「うつしゆめ」を修正、書籍化。大学四回生にもなって未だ中二病を引きずっている猫かぶり優等生の、煩悶と救済(?)の物語。後日譚を二篇追加収録したお得版ですよ! と、ステ(ルスになってない)マ(ーケティング)。

8月 「薄紅まといて」電子書籍化
 サイト掲載作を電子書籍化。奥手を絵に描いたような美術部女子と、朴念仁が服を着て歩いているような弓道部男子の、読んでいてもじもじするようなじれったい学園恋愛物……に、若干の不思議要素を加えた、伝奇物です。

12月 書き下ろし電子書籍「呪いの解き方教えます」
 初恋の大魔王に呪いをかけられたエンジニア女子が、自ら白馬に跨って戦場を駆けぬけるオフィスラブ(まとめ過ぎた上に比喩が多過ぎてよく解らない説明)。初の長編書き下ろしです。

 ……こんな一年間でした。

 今年は、バナーや目次ページまで作った「九十九の黎明」の連載を開始して、あわよくば完結まで持って行けたらな、なんて大きな夢を抱いています。あと、「RはリドルのR」の続き、な。他にも、ネタだけは沢山抱えているので、順次物語にしていかねば。
 遅筆な上にマイペースでアレな人間で恐縮ですが、どうぞ今年もよろしくお付き合いのほど、お願いいたします。
 

明日香村~

 一ヶ月無更新の広告が出ちゃったので、またまたツイッタログで誤魔化すよ! ハイッ!(すみませんすみません

 5月4日に奈良の明日香村に行ってきたので、その記録です。
 写真、なんか手ブレしてたり、同行者がど真ん中に写りこんでたり、そんなのばっかりで、公開できそうだったのが三枚しかなかったというね……。

 南は高松塚古墳から、北は水落遺跡まで、レンタサイクル使って体力の限界まで堪能してまいりました。
 酒船石遺跡(以前から知られている酒船石に加えて、平成12年の発掘で発見された亀形石造物と小判形石造物および周辺の遺構を含めて酒船石遺跡と呼ぶようになった。from Wikipeia)では、ガイドの方が詳しい話を教えてくださったり、スマホをかざしたら解説が聞ける看板があちこちに設置されてたり、充実した散策でした。

奈良の明日香村に行ってきたーヽ(*´▽`*)ノ これは亀石。今は南西を向いているが、こいつが西を向いたら大和盆地は泥沼に沈む、らしい。亀石さん、まじパネエっス。
asuka1.jpg
posted at 2014/5/4 16:22:25

奈良は明日香村の酒船石。この溝に、何か液体を流したくなる……。
asuka1.jpg
posted at 2014/5/4 16:33:28

石舞台。絶好のハイキング日和で見学者でいっぱいだった。近くの売店にて「ヒーリング太子くん」というストラップをお土産に。古代米ソフトクリーム、美味しかった〜。
asuka1.jpg
posted at 2014/5/4 16:40:07


 気候が良ければ、レンタサイクル超お勧めです。以前行った時よりも、ぐんと自転車道が整備されていて、快適でした!
 

SPring-8一般公開2014、他

 昨日、SPring-8の一般公開に行ってまいりました。
 開場の9:30の少し前に、無料の共同駐車場に着いたのですが、会場までのシャトルバスを待つ長蛇の列に、一瞬泣きそうになりましたよ……。
 何台ものバスがひっきりなしにピストン輸送してくださったので、思ったよりも早く会場に到着することができました。

 大勢の大人達に交じって、制服姿の高校生もちらほら。日曜日なのに、学校行事なのかなあ。
 小学生以下のチビッ子を連れたご家族も多くて、ちょっとびっくりしました。

spring8_1.jpg
 これが、SPring-8蓄積リング棟内の中央制御室。ナントカ防衛隊の司令室、みたいでカッコイイな、と思ってたら、見知らぬ小学生がそれと全く同じようなことを言っていたという……小学生と同レベル……orz

 以下、ツイッタから引用。

スプリング8、実験ホールを上の階から見たらこんな感じ。
spring8_2.jpg
posted at 14:22:57

スプリング8、蓄積リングの内部も見学。
spring8_3.jpg
posted at 15:56:28

スプリング8実験ホール一周ウォーキングツアーは、およそ1.5kmのコースを45分かけてまわるもの。パイプの下くぐったり、あちこちに自転車が停めてあったり、臨場感(?)たっぷりでした。
spring8_4.jpg
posted at 16:40:48

X線自由電子レーザー施設SACLAも見たよ〜。真空封止アンジュレータの、見事な一点透視図法っぷりが素敵。
spring8_5.jpg
posted at 18:23:16

帰宅~。SPring-8の一般公開楽しかった。んで、X線自由電子レーザー施設SACLAのあちこちに飾ってあったイラストが気になってサイト xfel.riken.jp/pr/sacla/index… を覗いてみたら、イメージキャラ播磨サクラのページが半端なく力入ってて凄かった……。
posted at 20:30:23

SACLAで、iPhone用の目覚ましアプリのパンフを配ってたんだけど、寝ている間にSACLAと接続、スマホのCPUパワーをシェアして解析支援をするというもの。「朝、アラームが鳴ったら、起きるか、スヌーズ機能でもう少し世界に貢献するか選びましょう。」って宣伝文句が素敵過ぎる。
posted at 20:37:49

@typ1 iPhoneアプリ PICO ALARM itunes.apple.com/jp/app/pico-al… 「あなたが寝ている間に、iPhoneが世界一小さいものが見える生命科学研究施設『SACLA』に自動接続。新薬開発などに向けた、タンパク質結晶の構造解析用画像処理の一端を担います」
posted at 20:38:55

@typ1 このアプリ、つい五日前にリリースされたばっかりみたい。面白そうだけど、残念ながら、私はガラケーなんだよなー。
posted at 20:42:21



 ……ついでと言ったらナンですが、理研繋がりで、三年前の京の一般公開に行ってきた時のツイートも、以下にまとめておきますね……。
スパコンの京さん一般公開、夏休みだからチビッコだらけかと思ったら、意外と大人が多かったよ。ポートライナーの駅名が「京コンピュータ前」に変わっててびっくり。世界一のコンピュータだもんなー!
kei_1.jpg
posted at 2011/8/29 15:06:23

見学ホールは撮影禁止だったので、ロビーにあった実物モデルをパチリ。これが800台、柱の無い空間にズラリと並んでいる光景は、壮観の一言でした。ガラス越しじゃなく、直に見たかったなあ(贅沢)
kei_2.jpg
posted at 2011/8/29 15:15:08

お土産に、ペーパークラフトをいただきました。「ロボットに変形するシステムラック」「噛みつくシステムラック」「跳ねるシステムラック」の三つのラインナップから一つと言う事で、ロボットを選びましたが、なにか。
kei_3.jpg
posted at 2011/8/29 15:42:38


 こういう、普段見られないものを見せてもらえる機会って、本当に貴重だと思います。
 百聞は一見に如かず。皆さんも是非、れっつ社会見学。
 

明けましておめでとうございます

 明けましておめでとうございます!
 サイトの小説を、電子書籍を読んでくださった方、コメントやメール、ツイッタでお声をかけてくださった方、本当にありがとうございました。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします!

 去年の創作活動を振り返れば、一月に「黒の黄昏」改稿、八月にRiskyTwenty2参加、書下ろし電子書籍「図書館で会いましょう」、十月に「でんしょでしょ!」最終号に「夜風は囁く」で参加、十一月にオンライン文化祭「アルノルド・サガフィの帰郷」と、こんな一年間でした。

 今年は、連載が止まっているリドルシリーズをもう少し進めたいなあ、とか、このあいだ思いついた一発芸的ライトファンタジーをものにしたいなあ、とか、オーリ&モールのシリーズ化とか、アルノルド&ロニーの後日譚とか、積木シリーズも動かしたいし、プロット組みかけて止まってる近未来サイエンスファンタジーもあるし、ネタばかりが積もり積もって、自分が五人ぐらい欲しい! と悶えているところです。商業活動にも力入れたいし。
 さて、どこまで実現することができるか、はなはだ心もとなくはありますが、自分にできる精一杯を頑張りたいと思っております。
 ふぁいとー!
 

お礼&近況

 一か月ブログ更新が無かった場合の広告に、オーバーレイ広告まで加わって、なんだかすごいことになってますね……orz
 ウチのブログでは、メインカラム上段にプラグイン(最新記事)を表示するようにしていますが、これ、普通にプラグインを全部サイドカラムに集めていたら、メインカラムが広告で埋め尽くされてしまうところでした。
 いやまあ、無料サービスを使わせてもらっているから、別に構わないんですけどね。構わないけど、一回だけ文句言わせて。オーバーレイ広告、むっちゃウザいわー。特に、スクロールした時にひょこっと位置が変わるの、キツいわー。
 ……よっしゃ、文句終わり。
#要は、一か月に一度ブログを更新すればいい、ってわけなんだよね……。


 さて。
 いつも拍手をありがとうございます!
 返信不要でコメントくださった方も、ありがとうございました!! 本当に励みになります。嬉しかったです!

 また、恋愛小説検索サイト「恋愛遊牧民」さんが春のレビュー週間を開催しておられまして、拙作にも新たにレビューをいただきました!
 ありがとうございますー!
 これからも、可能な限り公開し続けたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。


 ここのところオフラインがバタバタしておりまして、遅筆なのがますます遅筆になってしまいました。リドルの続きとか、積木の続きとか、近未来ものとか、「真夏~」もシリーズ化したいし……ああああ。プロットの固まったものから、順次書いていきたいなあと思っているのですが……が……。
 とりあえずは、今とりかかっているものをきっちり片付けて……ですね。頑張るよ、ママン。

 とか何とか言いつつ、ゴールデンウイークはしっかり羽を伸ばしてまいりました。

 兵庫県立美術館に、「超・大河原邦男展」を見に行ってきました!
 以下、ツイッタから転載。

ガンダムなう。人が多くて、急いで写真とったら、ブレた……orz p.twipple.jp/RvsWN
posted at 14:37:49

それにしても、トライダーG7、公園の地下に基地があるのはいいとして、中に直立するロボの頭部が地上に露出してるんだ……。出動の際はサンダーバードみたく地面がスライドして開くんだけど、公園で遊んでる人々が、蜘蛛の子を散らすように避難するのが、なんか見事だった。
posted at 16:57:16

ていうか、トライダーG7に搭乗するのに、公園から昇降機に乗ってロボの足下まで降りて、足にある入口から中に入り、ロボの中を昇降機で頭部コックピットまで登っていくわけだが、これ、直接地上からコックピットに乗り込んだら良くね?(無粋なツッコミ
posted at 17:05:08

てなふうに、会場で放映されているアニメ映像も楽しいです、超大河原邦男展。私が実際に見たことのあるアニメは、片手で数えるほどしかなかったんだけど、充分堪能できました。マグナビートルのポストカードも買えたしv
posted at 17:23:01

ガオガイガーの映像を見てた小学生の男の子が、ロボの合体シーンで「(電車が)刺さった!」って驚いてたのが面白かった。つうか、私も驚いたわ……。いやまあ、500系新幹線、カッコイイし。私も好きだし。でもまさかロボの肩章?肩プロテクター?になるとは、想像もできなかったよ……。
posted at 17:45:06

 
 コナンの映画「絶海のプライベートアイ」も見に行きました!
 イージス艦の上という狭い舞台にもかかわらず、実にスケールの大きな物語でした。
 そして何よりも、海上自衛隊全面協力の素晴らしさ! CIC(戦闘指揮所)の描写といい、隊員の動き、台詞、などなど、諸々がむっちゃ興味深かったですv
 蘭ちゃんと新一は言わずもがな、他のカップル(未満含む)にも見せ場(?)があって、一緒に見に行った身内(オタク仲間の学生さん)が、「リア充爆発しやがれ」と呟いていたのが印象的でした……。

 あとは、何故か前述の身内とBL談義する羽目になったり、……うん、やっぱり私は男女カプが一番だなあとか、要するに私は原作至上主義なんだよなあとか、思わぬところで自分の創作スタンスを再認識させられたり……。

 そんなこんなで連休も最終日。平常に戻って、おのれの為すべきことを頑張りたいと思います。
 
 

新着

■コメント
0117:GB
0117:けいったん
0706:GB
0706:文月柊
0126:GB
■トラックバック
0905:はやぶさが来るよ!