未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧電子書籍のご案内
更新のお知らせやコメントレス、たまに管理人の雑談が交じります。

11/19の拍手

 おおおお! 昨日に続いて今日も拍手レスが書ける……!!!

 というわけで、拍手ありがとうございます。浮かれ踊っております。
 ぶっちゃけ一回も拍手が無い日なんて全然珍しくないのでね、拍手ボタンクリックしてもらえるだけで「来たよ! 来た来た!」てなふうに大喜びしているわけでね、それでメッセージまでいただいてしまうと狂喜乱舞ですよ。本当にありがとうございます!

>k さん
 コメントありがとうございます!
 寡黙君が空気にならずにすんだのは、たぶん登場人物の少なさのおかげだろうなあ、と思いつつ、素直にお褒めのお言葉に喜んでおりますv
 今回は普段にもましてネタ偏重な、一発芸的な話の作り方をしてしまいました。細部については読んだ方に自由に想像していただこう、と思っていたので、色々考えてくださったことがとても嬉しいです。うふふふ。


>楽 さん
 お久しぶりです。そして、とってもとっても盛り沢山なコメントをありがとうございます!
 まさか、ここまで私の意図を読み取ってくださるとは! ひたすら感動しながら拝読させていただきました。

 ※ ちょっとここから話の内容に触れますので、「真夏に降る雪」を未読でこれをご覧の方は、どうか回れ右をお願いします。
 一応、ネタばれにならないように言葉を選んでいるつもりですが……まあ、その、謎そのものには触れてなくとも、「このあたりが怪しいぞ!」みたいなことは書いてしまっていますので……。すみません。
(念のために、文字色を薄めにしておきます)

 特に、序盤の「論理矛盾」について、ツッコミを入れる方はいらっしゃるだろうな、と思っておりましたが、それが「仕込み」であることまで見抜かれたことに、驚くと同時に、とても嬉しく思いました。叙述トリックだなんて、なんて畏れ多いお言葉。照れまする。
 アルバが読んだ本についても、塩うんぬんにしても、一字一句そのとおりです。特に「塩~」は、そのまま文字通りに受け止められてしまうと、わけがわからなくなってしまうのを承知の上で仕込んだ、大ネタに繋がる一節なので、それがきちんと伝わったことに、ガッツポーズを決めたくなりました。
 大昔の出来事についても、正解です。そのあとの魔術ともろもろの考察についても、私が設定を考えた際に通った道筋をきっちりたどっておられて、本当にびっくりです。まさか、これが、テレパシー……( ゜Д゜)
 妄想タイムに彷徨われた箇所については、実はものすごくファンタジック&ご都合主義な要素が絡んでくるので、物語の中で提示された情報からは読みとれなくて当然で……。
 つまり、私が描こうとしていた世界を、完璧にトレースしてくださった、ということなのですよ。そのあまりの的確さに鳥肌が立ちました。

 オーリとモールの名前は、モンゴル語から拝借いたしました。オーリは梟、モールは猫。とはいえ、辞書を引いたわけではなくて、Web検索して見つけた単語なので、もしかしたら微妙に違っているかもしれませんが……。

 
 とにかく、こんなにも深く鋭く読み込んでいただけたことに、小躍りせんばかりに喜んでおります。
 ありがとうございました!


 変身不要、じゃない、返信不要でくださった方も、ありがとうございました! 是非両方持っていってください!

 今日にいただいた分は、また明日にお返事いたしますね。
 本当に本当に、ありがとうございます!

同じカテゴリの記事

 

コメント

コメントの投稿

※スパムコメント対策実施中。メールアドレス及び「@」は入力しないでください。

 ブログ管理者以外には秘密にする

トラックバック

TrackbackUrl:http://greenbeetle.blog51.fc2.com/tb.php/737-04b89847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 

新着

■コメント
0117:GB
0117:けいったん
0706:GB
0706:文月柊
0126:GB
■トラックバック
0905:はやぶさが来るよ!