未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧電子書籍のご案内
更新のお知らせやコメントレス、たまに管理人の雑談が交じります。

「銀色の守護者」

 五日前、ピキーン!とネタが降ってきて、そのまま一気に書きあげてしまいました。ゆるゆるSF企画参加作です。

「銀色の守護者」
 その時僕は、閉鎖されている筈の廃墟の扉がうっすらと開いていることに気がついた。脱力系(?)ゆるSF。400字詰め原稿用紙換算22枚。

 最初から最後までボケ倒しな物語ですので、ツッコミを入れながら読んでいただけたら。
 思いついたネタを、とにかく吐き出さずにはおられなかったんです。おかげさまでスッキリしました。ああ幸せ。
 これで、また明日から書きかけの原稿に集中できるというものです。って、我ながらちょっと言い訳っぽいな……。

 ノリと勢いで書いた、というよりも、ノリと勢いしかない、といった感じの物語ですが、楽しんでいただけたら幸いです。

同じカテゴリの記事

 

コメント

[266] 「銀色の守護者」感想

こちらから書き込めたのですね。すみません。
「銀色の守護者」を拝読させていただきました。
見かけ宇宙人、話すとオネエの関西人の異世界人が笑えました。こちらとあちらの世界の平和のため日夜働いているのですね。ご苦労様です。両世界のためですから、こちらからも何か報酬が出てしかるべきと思います。
中二の男の子にホイホイ正体を明かしているところをみると、案外世界のトップクラスは知っているのかも。
映像にすると面白さが増すお話だと思いました。小説だと野太い声の設定が生かしきれないのが残念でした。やはり女性のトモミさんの素顔が気になります。
楽しいひと時をありがとうございました。
2014/01/25 【ヒラK(平啓)】 URL
 

[267] ご感想ありがとうございます~

ご感想ありがとうございます!
一発芸の勢いで作ったキャラ、笑っていただけてとっても嬉しいですv

あっちに比べて、こっちは随分科学の発達が遅いので、あっちにしてみれば、「仕方ないなあ」と小さな子供の世話を焼いているような感じなんでしょうね。
いつか、こっちの科学力があっちに追いついて、お手伝いができる日がくればいいなあ、と思っています。

おっしゃるとおり、声の設定について、書いていて「プロット倒れ……?」と思っておりました。
それでも設定をねじ込んだのは……、おネエって言いたかっただけなんです……。

こちらこそ、嬉しいコメントをありがとうございました!
2014/01/26 【GB】 URL [編集]
 

コメントの投稿

※スパムコメント対策実施中。メールアドレス及び「@」は入力しないでください。

 ブログ管理者以外には秘密にする

トラックバック

TrackbackUrl:http://greenbeetle.blog51.fc2.com/tb.php/785-5fb635a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 

新着

■コメント
0117:GB
0117:けいったん
0706:GB
0706:文月柊
0126:GB
■トラックバック
0905:はやぶさが来るよ!