未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧電子書籍のご案内
更新のお知らせやコメントレス、たまに管理人の雑談が交じります。

いいねした人が1冊の本だとしたら冒頭には何と書いてあるか考える

 ここんとこずっと心身ともに調子がイマイチで、どうにも創作脳が低調で仕方なかったので、喝を入れるのも兼ねてツイッタで頭の体操してました。

#いいねした人が1冊の本だとしたら最初の1行には何と書いてあるか考える

相互さんじゃなくても全然構いませんが、よく存じ上げない方だと、アイコンやヘッダをネタにするだけになると思います。それでもよろしければ。 原稿の隙間にのんびり消化するつもりですので。
posted at 2017/5/29 23:52:30

 かなり真面目に頑張ったので、モーメントとは別にこちらにもまとめておきます。

「最初の一行」→「冒頭」に変更して、ぼちぼちいきまーす。
posted at 2017/5/30 22:50:47

#いいねした人が1冊の本だとしたら冒頭には何と書いてあるか考える @moriyuu_

 空に、落ちてしまう。
 視界一杯に広がるは、白砂を散りばめたような満天の星。夜空の深さに天と地を見失い、ぐらり、と足元が揺らいだ次の瞬間、逞しい手が彼の肩を支えた。
「大丈夫か、少年」
posted at 2017/5/30 22:55:12

#いいねした人が1冊の本だとしたら冒頭には何と書いてあるか考える @Ch_yukima

 この海の向こうには、神さまが住む国があるんだって。灰色の空を背に、彼女がそう微笑んだのは、一体いつのことだったろう。マントのフードを深くかぶり直しながら、彼は、白く波立つ海原を睨みつけた。
posted at 2017/5/30 23:00:53

#いいねした人が1冊の本だとしたら冒頭には何と書いてあるか考える @nemu_tatibana

 扉の向こうから、重い物を引きずる音が聞こえてくる。宵闇に沈む教室の、教卓の下で、僕は必死に息を殺していた。見つかったら、最後だ。スプーン曲げ検定三級の僕が、アレに勝てるはずがない。
posted at 2017/5/31 20:23:58

#いいねした人が1冊の本だとしたら冒頭には何と書いてあるか考える @noyu_bh

「ちょっと休憩ー」
 誰が聞いているわけでもなかったが、彼女は声に出して宣言すると、絵筆を置いて草の上に寝転がった。見渡す限りの空の青と、描きかけのカンバスとを見比べ、「うん」と満足そうに頷く。
posted at 2017/5/31 21:21:04

#いいねした人が1冊の本だとしたら冒頭には何と書いてあるか考える @isuzu_tkm

 炊飯器の蓋をあければ、湯気がほわりと顔面を舐めた。釜の中には、はちきれんばかりに水を含み、つんと粒が立った瑞々しいご飯。彼はほんの一瞬目を細めてから、しゃもじをゆっくりと中へ沈めていった。
posted at 2017/5/31 21:23:22

#いいねした人が1冊の本だとしたら冒頭には何と書いてあるか考える @sk_hollyhall

 影が、跳んだ。しなやかに。音もなく。
「待って」
 やっとの思いで絞り出した声は影には届かず、少年の足元にぽつりと落ちる。
 彼は唇を噛んだ。少女が去った方角を、ただじっと見つめた。
posted at 2017/6/1 20:14:35

#いいねした人が1冊の本だとしたら冒頭には何と書いてあるか考える @wanwan_majin

〈読み取る者〉――それが彼の呼び名だ。誰一人として彼の本名を知る者はいない。少なくとも、この町には。
 彼が読み取るのは、鉱石の持つ〈記録〉だった。或は〈声〉と言うべきかもしれない。
posted at 2017/6/1 20:29:20

#いいねした人が1冊の本だとしたら冒頭には何と書いてあるか考える @watako_twi

 カラン、とドアベルが鳴るのを聞いて、彼女はティーポットを拭く手を止めた。「いらっしゃいませ」と振り返り、思わず目をしばたたかせる。
 扉の前には小さな男の子が、ぽつんと一人、立っていた。
posted at 2017/6/1 22:27:24

#いいねした人が1冊の本だとしたら冒頭には何と書いてあるか考える @rowazou

「特別なのはペンではない。インクだよ」
 少女にそう語りかけて、師は空中にペンを走らせた。おおらかに弧を描き、入り組んだ線を重ね、最後に輪を閉じた瞬間、描かれた蝶がふるりと羽を動かし宙を舞った。
posted at 2017/6/1 23:14:09

#いいねした人が1冊の本だとしたら冒頭には何と書いてあるか考える @yoshi_roushi

 確かに聞こえた。空耳なんかなじゃない。少女はきょろきょろと辺りを見回した。
 一面の小麦畑が、風に揺れる。
「お届け物ですよ」
 さっきと同じ優しい声が、再び彼女の耳元をくすぐった。
posted at 2017/6/2 21:54:39

#いいねした人が1冊の本だとしたら冒頭には何と書いてあるか考える @miz_na_ri

「私ね、この実験が終わったら、家に帰って…」
 疲れ果てた彼女の声を、友人が慌てて遮った。
「それ死亡フラグ!」
「お風呂に浸かりたい、もダメ?」
 でも本当は、彼に会いに行きたいんだけど。
posted at 2017/6/2 22:25:23

#いいねした人が1冊の本だとしたら冒頭には何と書いてあるか考える @al_730

   1
 気がつけば君は、石造りの狭い部屋の中央に立っている。窓も扉も無く、灯りは壁にかかった松明一つ。
 初めてここに来たのなら 9 へ
 二度目なら 267 へ
 三度目なら 14 へ行け。
posted at 2017/6/2 22:38:00

#いいねした人が1冊の本だとしたら冒頭には何と書いてあるか考える @fuyukiyoko

「じゃ、どの薬から作ってみる?」
 昼休みの図書室で、図書委員長にして誉れ高き東向小学校(非公認)探検隊隊長が、ファンタジィ小説を片手に問う。
 残る二人が勢いよく「はいっ」と手を上げた。
posted at 2017/6/5 22:09:07

#いいねした人が1冊の本だとしたら冒頭には何と書いてあるか考える @hamaco_555

 羽ばたきの音とともに、風が降ってきた。
 足元の石畳を大きな影がよぎり、少女は驚いて顔を空へ向けた。
 碧一色で塗りつぶされた天穹を背景に、赤銅色の大きな翼が鐘楼にとまる。――火の竜だ。
posted at 2017/6/5 22:42:03

#いいねした人が1冊の本だとしたら冒頭には何と書いてあるか考える @WH_hiromi

 それは、祈りだった。或は、声なき慟哭だった。少年はぬかるみに膝をつくと、雨が降りしきる天を振り仰いだ。
 染み一つ無かった白い服を、みるみるうちに雨の飛沫が濁らせていく。
「気が済んだか」
posted at 2017/6/5 22:51:13

#いいねした人が1冊の本だとしたら冒頭には何と書いてあるか考える @minila00

 可愛い書体で書かれた「仕立て直し」の看板に、可愛い店構えときたら、店員さんも可愛い人なんだろうな、って思うじゃない。
 まさか見るからに体育会系なお兄さんが、エプロン姿で店番しているなんて。
posted at 2017/6/6 22:16:25

#いいねした人が1冊の本だとしたら冒頭には何と書いてあるか考える @sensitive_blue

 夜空を映した水面は、丁寧に磨いた黒曜石のようだ。
 そっと指をひたした途端、月影がひずみ、幾つもの断片に千切れて揺らぐ。
 満月の夜にこの泉で拾った石が、導きの護符になるという。
posted at 2017/6/6 22:28:14

#いいねした人が1冊の本だとしたら冒頭には何と書いてあるか考える @hitoebito

 ころん、かろん。
 夕焼けと夕闇の隙間から、下駄の音が聞こえてくる。
 かろん、ころん。
 僕は我慢できずに背後を振り返った。
 狐のお面を頭に飾った女の子が、はにかみながら足を止めた。
posted at 2017/6/6 22:39:54

#いいねした人が1冊の本だとしたら冒頭には何と書いてあるか考える @sansa_Q

「待ちなさい!」
 追い縋る憲兵の手が、外套のフードを剥ぎ取った。月の光を集めたような銀髪が夜陰に零れ、少女の怯えた表情があらわになる。
 青年は咄嗟に憲兵の前に飛び出した。守らなければ。俺が。
posted at 2017/6/7 21:28:34

#いいねした人が1冊の本だとしたら冒頭には何と書いてあるか考える @aogiriyuu14

 これは烙印なのだ。薬師としてあるまじきわざを使ったという、消せない証拠。彼は左手の手袋をそっとめくると、手の甲に目を落とした。そこには、砂時計の形をした緋色の模様が浮かび上がっていた。
posted at 2017/6/7 21:36:23

#いいねした人が1冊の本だとしたら冒頭には何と書いてあるか考える @YukiNamiya

 恋はするものではなく落ちるもの、って誰の台詞だっただろう。
 文学部棟の脇、「落としましたよ」と呼び止められた彼女は、慌てて背後を振り返った。
 一人の男子学生が新巻鮭を手に佇んでいた。
posted at 2017/6/7 21:47:16

#いいねした人が1冊の本だとしたら冒頭には何と書いてあるか考える @tatsu_yakumo

 男は、歌を探していた。
 正確には歌声だ。昔聞いた、幼馴染みの少女の歌声を。
 山道を往きながら男は唇を噛み締める。あの時自分は何もできなかった。だから今度こそ、彼女を助け出すのだ。
posted at 2017/6/7 21:50:17


 お付き合いくださった皆様、ありがとうございました。楽しかったです。
 私、昔っから書き出しが苦手なので、その練習にもなった……んじゃないかな……だったらいいな……。

 ぼちぼちとなんとか弾み車を回して、エンジンかけていきたいと思います。
(まずは、充分な睡眠時間の確保、ですかね……)
 またそのうちに第二弾を企画するかもしれませんが、その時には次作の目途がついてたらいいなあ。

同じカテゴリの記事

 

コメント

コメントの投稿

※スパムコメント対策実施中。メールアドレス及び「@」は入力しないでください。

 ブログ管理者以外には秘密にする

トラックバック

TrackbackUrl:http://greenbeetle.blog51.fc2.com/tb.php/907-cef60881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 

新着

■コメント
0117:GB
0117:けいったん
0706:GB
0706:文月柊
0126:GB
■トラックバック
0905:はやぶさが来るよ!