未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
更新のお知らせやコメントへの返信、たまに管理人の雑談が交じります。

創作関係の呟き:顔の無い顔(或はいただいたイラストについて)

 キャラのイメージイラストについての話と、死にきれない話は、まとめておかなければならないと思いましてな……。

たぶん私は小説を書いている時点では、キャラの顔を具体的な形ではなく表情や雰囲気でイメージしているんだろう。ていうか、具体的な顔の形状を思い浮かべることが根本的に苦手なんだと思う。
posted at 2017/8/20 07:49:47
私、実生活で他人の顔を覚えるのがむちゃくちゃ下手で、顔を合わした回数の少ない人は特に、パーツの具体的な形状よりも喋り方や笑い方などの表情や仕草が主に記憶に残ってる。事件の目撃者になってもまったく役に立たない奴。そういう脳の使い方の傾向も関係するんじゃないだろうか。とか。
posted at 2017/8/20 07:53:40
これまでキャラのイラストをいただいた時に、一度も違和感を覚えたことがなかったのは、私の頭の中の「顔の無い顔」を、描いてくださった方のイメージが補完してくれるからなんじゃないかなあ。キャラの顔面にかかる靄が、イラストを拝見した瞬間にパアッと吹き飛ばされるような感じ。
posted at 2017/8/20 07:56:34
イラストをいただくたびに「そうそう!」と腑に落ちてる。人によって絵柄が違っても、伝わってくるイメージがどれも見事にそのキャラのものなので、違和感無く毎回脳内に嵌まってる。すごい。それに、読んでくださった方がどんなイメージを抱いてくださったのか知れるのが、シンプルに嬉しいし楽しい。
posted at 2017/8/20 08:00:39

RTの「明日生きてるとは限りませんから」って、九十九連載している時にむっちゃ意識していた。アレコレをコツコツ積み上げて最後にバーン!ってする(語彙…)のが私の芸風だから、バーンってする前に不慮の事故なりなんなりで死んでしまったらどうしよう、ってずっと不安だった。
posted at 2017/9/30 09:01:45
RT @typ1:
@typ1 九十九は、最後まで書かなきゃ意味がない。いや、フツー長編小説ってのはそういうものなんだけど、紅玉とかそれこそ大昔に黄昏書いている時もそう思ってたけど、最近特にそう思う。歳とったせいか。そうか。とにかく、これを完成させないことには、万が一のことがあっても死にきれんわ。
posted at 2016/3/19 09:52:19
retweeted at 2017/9/30 09:03:36
電子書籍の長編を書き下ろした時も同じようにドキドキしてたけど、完成するまで表に出ることはないから、担当さんや出版社にご迷惑がかかることだけを心配するだけで済んだんだった。WEBのやつも完成させるまで公開しなければいいのでは?と思いつつ、やっぱり読んだ方からの反応が欲しいんだよな。
posted at 2017/9/30 09:11:21
だから、たぶん次のも、ある程度書き溜めたら連載開始すると思います。プロットをきっちり最後まで詰めて、あとは書くだけ、って状態になってから本文に取り掛かるので、私の身に何も起こらなければ完成はするでしょう。九十九の場合はそれで一年かかったわけですが。遅筆ですみませんな……。
posted at 2017/9/30 09:19:32
九十九、もしも途中で物理的に書けなくなったらそれまで読んでくださった人に申し訳ない、と思って、デスクトップ画面のど真ん中に、身内のオタ仲間宛てに書き置きを用意してたというね。感想くださった人のアカウントの一覧と、結末までのシナリオをまとめたファイルのURL。使わずに済んで良かった
posted at 2017/9/30 09:29:51
 

同じカテゴリの記事

 

コメント

コメントの投稿

※スパムコメント対策実施中。メールアドレス及び「@」は入力しないでください。

 ブログ管理者以外には秘密にする

トラックバック

TrackbackUrl:http://greenbeetle.blog51.fc2.com/tb.php/921-4f8b9f9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
 

新着

■コメント
0907:GB
0907:冬木洋子
1130:GB
1130:狼子
0117:GB
■トラックバック
0905:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『Dawn of the Mapmaker 1』表紙
『Dawn of the Mapmaker 1』
¥874
発行:Cross Infinite World